逗子・葉山版 掲載号:2017年9月8日号
  • googleplus
  • LINE

長柄在住中田さん16年ぶり金に貢献デフリンピック女子バレー

スポーツ

決勝戦で安定したトスを上げる中田さん(=トルコ・サムスン/写真は提供)
決勝戦で安定したトスを上げる中田さん(=トルコ・サムスン/写真は提供)
 聴覚障害者の国際スポーツ大会「デフリンピック」がこのほどトルコ・サムスンで開かれ、初出場した長柄在住の中田美緒さん(16)が女子バレーの金メダル獲得に貢献した。先月25日には葉山町役場を訪れ、山梨崇仁町長に優勝を報告した。

 大会は4年に一度開催されており、女子バレーは決勝トーナメント全7試合で3-0のストレート勝ち。決勝戦ではイタリアを下し、16年ぶりの栄冠に輝いた。

 チーム最年少の中田さんは平塚ろう学校に通う高校2年生。今大会ではセッターを務め、「初出場で不安もあったけど、監督や先輩のアドバイスもあって自分のプレーができた」と振り返る。予選リーグのカナダ戦では得意のジャンプフローターサーブを17連続で決めるなど、チームの躍進に大きく貢献した。

 本格的にバレーを始めたのは中学1年生のとき。中田さんは生まれつきほとんど耳が聴こえず、右耳に補聴器を着けている。競技会場では聴覚を補助する機器は使えないため、声に頼らず、選手間の連携や攻撃ができるよう練習を重ねた。

 4年前は銀メダルだった日本代表。今回は頂点に立とうとチームで一致団結して臨んだ。「皆で一つになって獲れた金メダル。本当にうれしい」。今後に向けては「高い目標を持って、次のデフリンピックも必ず出場したい」と4年後を見据えた。

山梨町長に結果を報告する中田さん(写真中央)
山梨町長に結果を報告する中田さん(写真中央)

逗子・葉山版のトップニュース最新6件

快走でタスキ繋ぎ県3位

南郷中男子駅伝

快走でタスキ繋ぎ県3位

11月17日号

2年連続で世界大会準V

久木中3年杉匠真さん

2年連続で世界大会準V

11月17日号

秋山さんに法務大臣表彰

来年度150事業見直しへ

「津波への備え」で全国1位

葉山町

「津波への備え」で全国1位

10月20日号

A級ディンギーで総合V

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク