藤沢版 掲載号:2015年2月20日号

「考えて 命の大切さ」 教育

藤沢総合高で講演

真剣に見入る生徒たち
真剣に見入る生徒たち
 藤沢北警察署が主催する「いのちの大切さを学ぶ教室」が2月9日、藤沢総合高校(増渕広美校長)で開かれた。

 同教室は、犯罪の事例や被害者の心情などを若い世代に伝えることで命の大切さについて考えてもらい、被害者を思いやると同時に加害者にならない意識を育もうと、市内の中学校と高校で行っているもの。

 当日は、実際のいじめや暴力事件をもとにしたアニメーションが上映されたほか、同署員とNPO法人神奈川被害者支援センターのスクールアドバイザーが講演。被害者やその家族の心情を通じて「いじめ」や「犯罪」などについて話し、命の大切さを訴えた。

 参加した生徒たちからは、「いのちの大切さについて深く考えさせられた」「自分に関係なくても、暴力を目撃したら勇気を振り絞ろうと思った」などの声が挙がっていた。

藤沢版のローカルニュース最新6件

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

関連記事(ベータ版)

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月20日号

お問い合わせ

外部リンク