藤沢版 掲載号:2016年2月19日号

島を巡って謎解きに挑戦 文化

エノシマトレジャー開幕

親子で協力しながら島内巡り
親子で協力しながら島内巡り
 「フジサワの地に封印された、二つの神器を探し出せ」―。市内を舞台にした参加型謎解きゲーム「エノシマトレジャー 混沌の魔神と天空の女神」が2月13日に開幕した。毎年恒例のイベントで、今回が11回目の開催。子どもから大人まで、幅広い年齢層が楽しめるゲームとして定着している。今年は江の島だけでなく、湘南台地域でも、3月31日(木)まで行われる。

 エノシマトレジャーは、市内の公共施設などで入手できる参加冊子「宝の地図」を手に島内を巡り、地図に記された謎を解読していくゲーム。いくつかのヒントをもとに最終キーワードを突き止める。キーワードが分かったら藤沢市観光センターなどの3施設のいずれかに報告すると、さまざまな賞品をもらえる(賞品は無くなり次第終了)。

 主催の藤沢市観光協会によると、1日あたりの参加者数は例年500人から600人に上る。年々参加者が増加し、近年では2万5000人以上が挑戦しているという。

 今年は市内北部の観光促進にもつなげたいと、湘南台エリアでも謎解きを楽しめるよう趣向を凝らした。

 初日に大田区から家族で参加した林史歩子さん(10)は「初めて江の島に来た。海がすごく綺麗。ゲームは結構難しかった」と話していた。

 問い合わせは同協会【電話】0466・22・4141へ。

関連記事powered by weblio


藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月15日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/