藤沢版 掲載号:2017年2月17日号
  • googleplus
  • LINE

昨秋のJPSAジャパンプロサーフィンツアーで連覇し、藤沢市生涯学習表彰を受けた

善家 尚史さん

鵠沼藤が谷在住 31歳

自然体で輝き放つ

 ○…プロサーフィンツアーの第5戦、ショートボード部門で悲願の勝利をつかんだ。その翌週には地元鵠沼での第6戦でも優勝。プロサーファー歴10年にして、みごと2輪の大華を咲かせた。「今まで積み重ねてきたトレーニングや苦労もすべて実ったという実感が沸いて、率直に嬉しい」と微笑む。初勝利までの道のりは険しく、実は引退を考えていた。「好きな大会だけにエントリーして波乗りを楽しもうって。でも、それが逆にリラックスできて良かったみたい。開き直りというか、自分で勝手に背負っていた肩の荷を『下ろした』という感じですね」

 ○…数々の勝利を飾り、サーファー界のレジェンドとして知られる善家誠さんを父に持ち、葛藤もあった。「父の栄光を受けて、七光りでやってきたけれど、ようやく自分の輝きを放つことができた。祖父母にもトロフィーを見せてあげたかった」。物静かで温かく見守るだけの父も「めちゃくちゃ笑顔だった」と、その祝福を少年のように喜ぶ。

 ○…波乗りデビューは、思いのほか遅く、中学1年生から。3歳から子役として芸能活動をする傍ら、夢中だったのはサッカーだった。しかし中学1年の春に1カ月ほどドラマの撮影が入ったことで出遅れてしまった。「そんな時に父が波乗りに連れて行ってくれて。一気に夢中になりました」

 ○…普段は植木職人として剪定や外構工事などに精を出す。「波乗りも植木屋も自然相手。根性は要るけれど、自然と向き合うのは楽しい。親方も理解があって大会前は休ませてくれたりと、とてもありがたい」と謙虚に語る。口調は丁寧で性格も穏やかだが、「海に入ると、人が変わる」のだとか。「次の目標はグランドチャンピオンと稲村クラシック。30歳を過ぎて選手生活も長くないけれど、どちらも親父が初代チャンピオンなので、目指したい」。父への尊敬の念、周囲への感謝、そして自然への敬意を胸に、なお挑戦し続ける。

関連記事powered by weblio


好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

藤沢版の人物風土記最新6件

成田 知巳さん

「第12回日本版イグ・ノーベル賞」研究部門で「落雷観測賞」を受賞した

成田 知巳さん

10月13日号

堀本 昭希(はるき)さん

東京から熊本まで1200Kmをドリブルで踏破した

堀本 昭希(はるき)さん

10月6日号

岩本 達明さん

9月30日に第72回関東合唱コンクールに出場する湘南高校合唱部顧問の

岩本 達明さん

9月29日号

下野 育朗さん

マスターズ水泳で3度目の世界記録を樹立した

下野 育朗さん

9月22日号

辻村 琢光さん

9月17日の「ふじさわパラスポーツフェスタ」で開会のあいさつを行う

辻村 琢光さん

9月15日号

小川 葉良(はいら)さん

第52回全日本サーフィン選手権大会のメン・クラスで初優勝を飾った

小川 葉良(はいら)さん

9月8日号

藤沢版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

社労士による無料相談会

社労士による無料相談会

雇用保険や年金問題など

10月20日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月13日号

お問い合わせ

外部リンク