藤沢版 掲載号:2017年3月10日号
  • googleplus
  • LINE

「土地に適した防災を」建設フォーラム

社会

講演する荏本教授
講演する荏本教授

 (一社)藤沢市建設業協会主催の建設フォーラム「東日本大震災を風化させない!」が3月3日、市民会館で開催された。専門家による講演に、多くの来場者が耳を傾けた。

 前半は、藤沢市企画政策課専任研究員の杉渕武氏が、市の震災対応について解説。帰宅困難者などを受け入れる一時滞在場所やボランティアセンターを導入する新市庁舎の建設、海側の教育施設への津波避難場所整備、防災ラジオ頒布など、東日本大震災以降の取り組みについて語った。

 後半は神奈川大学工学部の荏本孝久教授が、日本の地震のタイプや活断層の分布をはじめ、昨年4月に発生した熊本地震について説明した。その後、神奈川県の地震被害想定調査などをもとに、「台地が広がる藤沢市北部は揺れが少ないが、南部の地盤は砂丘でよく揺れる。川に沿って津波も遡上する。近年は、町内に適した災害対応を住民主体で考える流れになっている」などと語った。
 

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「うごくおうち」を作ろう

「うごくおうち」を作ろう

11月25日、鵠沼神明で

11月25日~11月25日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク