藤沢版 掲載号:2017年3月17日号

古代の文様「双脚輪状文」の研究で博士号を取得した

加藤 俊平さん

本藤沢在住 79歳

尽きぬ古代への探究心

 ○…6世紀、古墳時代のわずか100年の間に出現した「双脚輪状文(そうきゃくりんじょうもん)」と呼ばれる古代の文様の研究を積み重ね、79歳で博士号を取得した。災いを避ける効能があるとして古墳の壁画などに描かれたという未知の文様。その謎を解明しようと、実態や特徴、関連した民族、伝播の背景まで緻密に調べ上げ、論文にまとめた。「努力したと褒めてくれる人もいるが、私は好きなことを好きなだけ続けただけ。とても面白かった」と微笑む。

 ○…若い頃から古代史が好きで「いつか考古学を勉強してみたい」と考えていた。社会人のころは仕事が忙しく、定年してからも親の介護が続いた。自分の時間がつくれたのは、古希を迎えた70歳。尊敬していた考古学者の教授を慕って東海大学大学院に入学し、出会ったのが「双脚輪状文」の原型となる沖縄・奄美地域に生息する貝「スイジガイ」だった。沖縄などでは魔除けとして軒先に吊るされていたが、それが図柄となり、九州から東北・福島まで伝わった。「全国各地で同じ図柄の痕跡が見られる。すごいロマンを感じた」。研究に熱中し、九州や近畿地方など、遠く現地へ行き文献を調べ歴史を紐解いていった。

 ○…好きなことには夢中になる性格で、大学時代は釣りにはまり、一週間静岡と千葉の間の海を釣り歩いた。長年勤めた横浜市役所では、港北区に伝わる昔話を中心に、地域の風土や歴史などを調べ上げ一冊にまとめた。「仕事とは全く関係ないことだったけど、好きなことは大変と思わなかった」と笑う。

 ○…生まれは茅ヶ崎市。平塚との境、馬入川の近くで育った。川に遡上するシラスに似た稚魚やアサリのように大きいシジミを捕まえて食すなど遊びの中で好奇心を養った。「まだまだ知りたいことがたくさんある。あと10年は続けたい」。今後は文様の周辺で起きた史実を調べたいという。探究心は尽きることが無い。

関連記事powered by weblio


好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

辻堂 フジミ石材

大庭台墓園 特別セール中

http://fujimi-sekizai.com/

<PR>

藤沢版の人物風土記最新6件

大関 稔さん

7月29日・30日に開かれる「アマチュア囲碁名人戦」に臨む

大関 稔さん

7月28日号

田作 有司郎さん

7月10日付で藤沢税務署の署長に就任した

田作 有司郎さん

7月21日号

鵜飼(うがい) 典男さん

公益社団法人神奈川県薬剤師会の第24代会長に6月18日付で就任した

鵜飼(うがい) 典男さん

7月14日号

高橋 貴之さん

「食べて復興支援プロジェクト実行委員会」委員長を務める

高橋 貴之さん

7月7日号

菅田 悠介さん

鶏の解体ワークショップや斬新な企画で食糧廃棄問題解決や食育に取り組む

菅田 悠介さん

6月30日号

服部 修一さん

箱根ガラスの森美術館主催の写真コンクールで最優秀賞を受賞した

服部 修一さん

6月23日号

平和堂の百人一趣

生前好きだったお花や、色合いの中に笑う故人の遺影

http://www.heiwadou.com

<PR>

関連記事(ベータ版)

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年7月28日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/