藤沢版 掲載号:2017年5月12日号

遊行かぶき

舞台参加者を募集 文化

8月の新作に向け

 藤沢発祥の演劇「遊行かぶき」の新作「瓜の涙」の公演が8月に開かれる。主催する「遊行舎」は「多くの市民の方に参加してほしい」と演劇ワークショップを開催する。

 日程は、5月13日(土)、23日(火)、27日(土)、6月6日(火)、10日(土)、13日(火)、17日(土)に藤沢公民館(午後6時から)で実施。

 また、18日(日)にふじさわ宿交流館(午後1時から)、22日(木)に片瀬公民館(午後2時から)でも開かれる。

 参加対象は、社会人、学生、主婦、プロダクション所属を問わず自由。参加は無料で、年齢制限はなし。

 ワークショップでは、古典から現代に共通する朗読や歌唱、踊りなど、身体表現の基礎を学ぶ。

街の演劇を目指して

 遊行かぶきは、市内在住の演出家・白石征さんが、中世に広まった説教節を素材に、歌舞伎や前衛劇などを組み合わせ、独自に作り上げたもの。「街の中の演劇」をコンセプトとして、1996年に遊行寺本堂で「小栗判官と照手姫」を初上演し、「しんとく丸」「さんせう太夫」などの作品を毎年上演し,地域へ芸能文化を発信してきた。

 白石さんは「街や人を巻き込んで、一つの物語を作り上げたい。少しでも興味のある人は気軽に参加してほしい。役者ではなく舞台の裏方の募集もしているので連絡をしてほしい」と話している。 

 問い合わせ、申し込みは遊行舎【電話】【FAX】0466・34・9841、【メール】niko091@bd.mbn.or.jpへ。
 

平和堂の百人一趣

生前好きだったお花や、色合いの中に笑う故人の遺影

http://www.heiwadou.com

第30回開成町あじさいまつり

6/3(土)~11(日)まであじさいの里で開催

http://www.kaisei-ajisai.com

<PR>

藤沢版のローカルニュース最新6件

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

関連記事(ベータ版)

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

琵琶で奏でる源氏と平氏

鎌倉の白旗神社で献演

琵琶で奏でる源氏と平氏

5月28日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年5月20日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/