藤沢版 掲載号:2017年5月12日号

民生委員 地域を支え100年 社会

制度周知へ市が広報活動

藤沢駅前で行った啓発活動の様子
藤沢駅前で行った啓発活動の様子

 地域福祉を支える民生委員制度が、今年で100周年を迎える。一人暮らしの高齢者の増加や子どもの貧困問題など、民生委員の役割に期待が高まる一方、全国的に人出不足が課題で、藤沢市も例外ではない。市内の民生委員の数は現在500人以上。

 市は5月13日(土)に、藤沢、辻堂、湘南台の駅前でリーフレットの街頭配布を行い、16日(火)まで市役所ロビーでパネル展を開くなど、100年の節目に活動状況や制度の周知に取り組む。

◇ ◇ ◇

 民生委員は、厚労省から委嘱される特別職の地方公務員で、児童委員も兼ねている。高齢者や生活困窮者らの相談に乗り、行政や施設につないで支援したり、朝から通学路で子どもたちを見守ったりと、裏方として、地域に欠かすことのできない存在だ。

 市によると、民生委員は世帯数などに応じて、市内16地区に一定数配置されている。高齢化に伴い配置されるべき委員の定数も増加傾向にあり、担い手不足のほか、委員の高齢化も課題の一つとなっており、後継者の発掘が欠かせない。

 市は「これから、行政だけで地域のさまざまな問題に対応していくのは難しい」と言い、「100周年を機会に、関心を高めてもらいたい。まずは存在を知ってもらうことが大切なので、分かりやすく説明したい」と話した。

御所見地区が始まり

 民生委員制度の源は、1917年に岡山県で「済世顧問制度」、大阪府で「方面委員制度」が発足したことが始まり。藤沢市の民生委員は、市が誕生する前の1936年、御所見地区に「方面委員」が6人配置されたことが始まり。その後、民生委員と改称され、現在の市域が確定した1955年には、11地区90人による市民生委員会協議会が発足。1989年には現在と同じ16地区に広げ活動を行っている。
 

藤沢版のトップニュース最新6件

平和堂の百人一趣

生前好きだったお花や、色合いの中に笑う故人の遺影

http://www.heiwadou.com

第30回開成町あじさいまつり

6/3(土)~11(日)まであじさいの里で開催

http://www.kaisei-ajisai.com

<PR>

関連記事(ベータ版)

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

琵琶で奏でる源氏と平氏

鎌倉の白旗神社で献演

琵琶で奏でる源氏と平氏

5月28日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年5月26日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/