藤沢版 掲載号:2017年5月19日号

二十四の瞳岬文壇エッセー

西岡奈緒子さんに栄冠 文化

病とともに 人との交流描く

表彰状を手に微笑む西岡さん
表彰状を手に微笑む西岡さん

 鵠沼神明在住の会社員・西岡奈緒子さん(36)の作品『暖かい手』が、作家・壺井栄を顕彰する「二十四の瞳岬文壇エッセー」の最優秀賞に輝いた。生まれつき筋ジストロフィーという病気を抱える西岡さんは、中学時代の経験を書き下ろした。

 この選考会では、「別れ・弁当・仲間」のいずれかをテーマにエッセーを公募。国内外から1008点が寄せられ、作家のあさのあつこさんらが各賞を選出した。

 昔から階段では手すりが必要で、現在は車椅子生活を送っている西岡さん。「仲間」をテーマに、原稿用紙4枚に中学時代の経験をまとめた。病気についてクラスメートに伝えられないもどかしさや戸惑い、孤独感、手を差し伸べてくれた友人との交流を静かなタッチで描写した。

 あさのさんからは、「人と人との関係がべたついてなく、さらりとしていて、それなのに相手をしっかりと支え、励ましている。読んでいて何と心地よかったことか」と評されたという。

「暖」に「友」の字

 作品名は「温かい」ではなく、あえて「暖かい」と表した。「単に手の温もりを感じたからではなく、 私を包み込む世界が変わったかのような、暖かさを感じたというニュアンスを入れたかった」と西岡さん。また、「執筆を勧めてくれた夫が『暖』の字の中に、『友』の字が入っているねと教えてくれて」と微笑む。

「ひとりじゃない」

 メーカーに務める傍ら、エッセーを書き続けているという西岡さん。2008年にはNHK主催の選考会で最優秀賞を受賞、昨年まで福祉関連サイトで連載を行ってきた。そのほか、今年2月には、「第18回愛恵エッセイ賞」で優秀賞、「インターネットの安心安全な利用に役立つ手記コンクール」で最優秀賞に輝くなど、その才能を開花させている。

 共通して込めているのは、「ひとりではない」いうメッセージだ。西岡さんは、「病気を抱えて孤独を感じている人に、人とのつながりを感じてほしい。私の文章を通じてマイナスからプラスに変えていくことを伝えられたら」と話している。
 

関連記事powered by weblio


秋の西さがみを歩こう

11/18・19城下町おだわらツーデーマーチ開催 参加者募集中

http://www.city.odawara.kanagawa.jp/field/sports/event/2daymarch.html

<PR>

藤沢版のトップニュース最新6件

多彩な催しが目白押し

藤沢市民まつり

多彩な催しが目白押し

9月22日号

辻堂4地区も対象に

ロボネコヤマト

辻堂4地区も対象に

9月22日号

過去2番目に最少 153万人

市内海水浴客数

過去2番目に最少 153万人

9月15日号

「蚊の撲滅隊(モスキート・バスターズ)」が大成果

小児医療費 中3まで拡充

お経読むロボット開発

(株)ニッセイエコ

お経読むロボット開発

9月8日号

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ウクレレで市民まつりへ

ウクレレで市民まつりへ

パレードメンバー募る

9月15日~9月23日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月22日号

お問い合わせ

外部リンク