藤沢版 掲載号:2017年5月19日号
  • googleplus
  • LINE

湘南青色申告会の会長として60周年記念式典を行う松浦 賢一さん鵠沼海岸在住 63歳

何より人の気持ち大切に

 ○…藤沢、茅ヶ崎、寒川の2市1町に約6000の会員をもつ湘南青色申告会の会長として、5月23日に創立60周年記念式典を開催する。4月に一般財団法人化も果たし、「長い歴史をもつ会も法人化をしたことで新たなスタートとなった。いわばピカピカの1年生。地に足をつけ、背伸びをせず一歩ずつ着実に会の運営を行っていく。そして地域に頼られる組織にしたい」と落ち着いた口調で話す。

 ○…事務方からトップに立った全国の申告会でも珍しい存在だ。申告会へ入所したのは、東京での百貨店勤めを辞めた1981年。ちょうど姉が横浜市鶴見区の申告会に勤めていたことが縁となった。「若い頃、会報紙で税務署長と会長の挨拶文が入れ替わってしまったことがあって、その時は本当に真っ青になった」と失敗談を明かし、その時にある人からかけられた「人間は失敗がある。大切なのはそのあと何をするかだ」との言葉が今も忘れられない。その優しさに触れ「何よりも人の気持ちを大切にする」がモットーになった。

 ○…1954年、横浜市鶴見区生まれ。結婚を機に藤沢に移り住んだ。今は大学のサークルで一つ下だった妻と鵠沼海岸で暮らす。サッカー小僧だったこともあり、スポーツが大好き。とにかく体を動かすことが好きなのだという。それでは今もと話を振ると、「今は外に出ることがなくなった。もっぱら観戦ばかり」とちょっとさびしそう。

 ○…「実は心配性」と、ちょっと強面の顔からは想像できない言葉が飛び出す。「この前も健康診断で指摘され、胃カメラを飲んできた。結構気が小さい方なのかもしれない」と笑う。スリムな体型はそのせいかも。「この仕事は人様の財布の中身を扱うことから責任は重大。それでも人間がすること。みんなには『頭はないけど、ハートはある』とよく話している」と破顔。相手に寄り添う気持ちを大切に大所帯の組織を動かしていく。

藤沢版の人物風土記最新6件

小田 萌子さん

東日本で唯一、EIL高校生交換留学プログラムに選ばれ、フランスに留学する

小田 萌子さん

11月17日号

酒井 由美子さん

ブドウをあしらった陶器を手掛け、23日から辻堂のギャラリーえんで初の個展を開く

酒井 由美子さん

11月10日号

高田 美恵さん

フラワーデザインの全国大会に挑戦する神奈川県代表に選ばれた

高田 美恵さん

11月3日号

福島 光夫さん

水彩・油彩画で11月2日から長後駅前のギャラリー669で「90歳展」を開く

福島 光夫さん

10月27日号

林 美佐さん

認知症問題を地域で考える会「おれんじリング湘南」の代表に就任した

林 美佐さん

10月20日号

成田 知巳さん

「第12回日本版イグ・ノーベル賞」研究部門で「落雷観測賞」を受賞した

成田 知巳さん

10月13日号

藤沢版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

加古さんに巌谷小波賞

加古さんに巌谷小波賞

児童文芸の最高峰を受賞

11月14日~12月10日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク