藤沢版 掲載号:2017年7月14日号

湘南学園中学

将棋部員が東日本・全国へ 文化

姉弟での大舞台進出も

団体戦で優勝した(左から)土本さん、矢野温人さん、長嶋さん
団体戦で優勝した(左から)土本さん、矢野温人さん、長嶋さん
 湘南学園中学校の将棋部が団体戦県代表として、7月24日に都内で行われる東日本大会に臨む。個人では矢野葵さん(3年)が8月に山形県で開催される全国大会に出場する。同部のメンバーは「力を出し切り、できる限り勝ち上がりたい」と意気込む。

粘り強く攻め、団体戦制す

 同校将棋部は、6月25日に横浜市で開催された「文部科学大臣杯 小・中学校将棋団体戦神奈川県予選大会」の中学校の部で優勝。8年ぶり、2度目の東日本大会への切符をつかんだ。3人1組のチームで繰り広げられた熱戦の末、出場106チームのうち、計5チームが県代表の座を勝ち取った。

 同部は近年、予選会で競り負ける年が続き、涙を呑んできた。今年は長嶋涼太さん(3年)、土本貴弘さん(3年)、矢野温人さん(1年)で参戦。3年の2人は生徒会総務や運動部での活動を兼ねる中で練習に励み、棋力を伸ばしてきた。

 3人は全5回戦のうち、初戦をストレート勝ちで突破。勢いに乗り、3回戦まで全員全勝の活躍を見せた。準決勝では強豪の浅野中(横浜)と対戦した。終盤で予期せぬ意外な一手「妙手」を仕掛けられ、追い込まれた長嶋さん。「勝ちたい」との一心で粘り強く攻め続けた結果、接戦を制し、決勝進出に貢献した。

 決勝では高津中(川崎)と対局。防戦一方だったという矢野温人さんは「相手のわずかなミスを見逃さず、反撃に転じることができた。ギリギリの所で勝てたので嬉しい」と振り返る。チームは1敗を喫するも2対1で競り勝ち、参戦したブロックの頂点に立った。

個人戦で念願の全国へ

 6月3日開催の「全国中学生選抜選手権将棋大会神奈川県予選」女子の部に挑んだ矢野葵さんは、矢野温人さんの2つ上の姉で、今回姉弟で大舞台に立つ。同部での週3日の練習のほか、日曜には都内の将棋会館で腕を磨いている。毎年同大会に出場するも敗北を喫し、今年は「中学最後の年なので、何としても優勝したい」と本番に臨んだ。

 当日は2本先取した棋士が勝利を収める3番勝負で対戦した。「対局は、その時々のひらめきが大切」と語る矢野葵さんは、対戦者の攻め方を冷静に観察し、臨機応変に戦法を組み変えながら対局。自分のペースをつかみ初戦に勝利した。続く2戦目は「自分から攻めよう」という姿勢を崩さず連勝し、優勝を手にした。

 弟・温人さんが幼稚園児のころ、祖父に将棋を教わっていたのを見て興味を惹かれ、小2で将棋を始めたという矢野葵さん。「初めて出場する全国大会なので、行ける所まで行きたい」と意欲を示した。

個人戦を制した矢野葵さん
個人戦を制した矢野葵さん

関連記事powered by weblio


秋の西さがみを歩こう

11/18・19城下町おだわらツーデーマーチ開催 参加者募集中

http://www.city.odawara.kanagawa.jp/field/sports/event/2daymarch.html

<PR>

藤沢版のトップニュース最新6件

過去2番目に最少 153万人

市内海水浴客数

過去2番目に最少 153万人

9月15日号

「蚊の撲滅隊(モスキート・バスターズ)」が大成果

小児医療費 中3まで拡充

お経読むロボット開発

(株)ニッセイエコ

お経読むロボット開発

9月8日号

セブン&アイ3社と協定

藤沢市

セブン&アイ3社と協定

9月1日号

日越合弁で新製品を開発

イージーディフェンス社

日越合弁で新製品を開発

9月1日号

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ウクレレで市民まつりへ

ウクレレで市民まつりへ

パレードメンバー募る

9月15日~9月23日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月15日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/