藤沢版 掲載号:2017年8月4日号
  • googleplus
  • LINE

旧石曽根商店店舗兼主屋

国の有形文化財登録へ

文化

大正時代の姿 今に残す

旧石曽根商店の正面外観
旧石曽根商店の正面外観
 文化庁の文化審議会は7月21日、藤沢本町の「旧石曽根商店 店舗兼主屋」を国の有形文化財(建造物)に登録するよう文部科学大臣に答申した。市郷土歴史課によると、今年度末には登録される見通し。これにより市内での登録数は12カ所、29件になる。

◇ ◇ ◇

 藤沢橋のほど近くにある旧石曽根商店店舗兼主屋は、大震災翌年の1924年(大正13年)建築の木造2階建。手前が店舗、奥が居住部分で、室内の部屋を中廊下で区切る点が町屋としては異例の造りだという。また、屋根が大きくせり出した「出桁造」、皮付丸太や角竹を用いる数寄屋風の造りなど、大正当時の姿を今に残す(内部は公開されていない)。同建物は文化庁により「造形の規範となっているもの」として歴史的な価値を高く評価された。

 石曽根家は1901年(明治34年)、旧東海道沿いで、江の島道との分岐点近くにマルイシの屋号で履物屋(下駄屋)を創業。同課によると、多くの職人を抱えて下駄を製造していた藤沢有数の履物屋だった。23年に発生した関東大震災で店舗が崩落する被害に遭うも、再建し、24年に現在地に移転。2003年まで営業を続けた。市は「市内でもあまり見られない珍しい建物。登録を機に、その価値の高さを地域に広く知ってもらいたい」としている。

関連記事powered by weblio


藤沢版のトップニュース最新6件

今年も熱い祭典に

第19回 湘南台ファンタジア

今年も熱い祭典に

10月20日号

海岸150Kmをゴミ拾い

藤沢出身6人が活躍

高校バスケ全国大会予選

藤沢出身6人が活躍

10月13日号

立澤さんが全国大会へ

藤沢工科高校

立澤さんが全国大会へ

10月13日号

県内初のサポ灯設置

湘南台商店連合会

県内初のサポ灯設置

10月6日号

前職新人3人の争いか

衆院選神奈川12区

前職新人3人の争いか

10月6日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月20日号

お問い合わせ

外部リンク