藤沢版 掲載号:2017年8月11日号
  • googleplus
  • LINE

ワールドゲームズのライフセービング競技で世界一に輝いた

平野 修也さん

辻堂ライフセービングクラブ所属 31歳

尽きぬ情熱で水難ゼロへ

 ○…4年に1度開催され、「第2のオリンピック」と言われる「ワールドゲームズ」のライフセービング競技が7月21日、22日、ポーランドで開かれ、「4×50m障害物リレー」で世界新記録を樹立し、初優勝を果たした。4人1組が自由形で泳ぎ、各自が水面から70cmに設置された2つの柵をくぐり抜けてゴールに到達するタイムを競う同種目。日本代表は世界記録より0・44秒早い、1分36秒62で泳ぎ切った。「自分たちのタイムを見て驚いた。世界の舞台で最高の泳ぎができて嬉しい」と語る。

 ○…ライフセービングスポーツは、実際の水難事故を想定し、人命救助技術の向上などを目的に世界各地で行われている。「今回の優勝を機に、多くの人にこの競技の魅力や、水難救助の大切さを知ってもらいたい。多くの若者が次世代のライフセーバーを目指してくれると嬉しい」と話す。

 ○…東京都多摩市に生まれ育ち、高校時代には50m自由形でインターハイに出場した実力を持つ。「昔から短距離が得意。圧倒的なスピードで泳ぎ切るのが快感で楽しい」と言う。大学卒業後は、「身に付けた泳力を人命救助に生かしたい」と、東京消防庁の水難救助隊員として活動。救助技術を競う全国大会にも出場し、3度にわたり日本一に輝いた。知人に誘われ、3年前から辻堂ライフセービングクラブに所属。ライフセーバーとして水辺の事故ゼロを目指し、辻堂海岸で海水浴客の安全を守っている。

 ○…現在はスイミングクラブに勤め、インストラクターや水泳練習もこなす多忙な日々を送る中、趣味として読書も楽しむ。推理小説が好きで、特に東野圭吾の作品がお気に入り。休日には「のんびりした雰囲気が好き」という新宿御苑に時折足を運び、自然の景観を楽しむという。今後の目標については「次のワールドゲームズでも優勝し、2連覇を果たしたい」と意欲を見せた。

関連記事powered by weblio


藤沢版の人物風土記最新6件

林 美佐さん

認知症問題を地域で考える会「おれんじリング湘南」の代表に就任した

林 美佐さん

10月20日号

成田 知巳さん

「第12回日本版イグ・ノーベル賞」研究部門で「落雷観測賞」を受賞した

成田 知巳さん

10月13日号

堀本 昭希(はるき)さん

東京から熊本まで1200Kmをドリブルで踏破した

堀本 昭希(はるき)さん

10月6日号

岩本 達明さん

9月30日に第72回関東合唱コンクールに出場する湘南高校合唱部顧問の

岩本 達明さん

9月29日号

下野 育朗さん

マスターズ水泳で3度目の世界記録を樹立した

下野 育朗さん

9月22日号

辻村 琢光さん

9月17日の「ふじさわパラスポーツフェスタ」で開会のあいさつを行う

辻村 琢光さん

9月15日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月20日号

お問い合わせ

外部リンク