藤沢版 掲載号:2017年9月1日号
  • googleplus
  • LINE

高倉在住馬渕さん中国現地の「緑化大使」に20年の植樹称え

文化

苗木を持つ馬渕豊さん
苗木を持つ馬渕豊さん
 中国シルクロードでボランティアをしていた高倉在住の馬渕豊さん(84)=人物風土記で紹介=が中国から感謝の気持ちを示す意味で「愛和緑化大使」の称号が贈られた。

 馬渕さんは1994年から20年以上、現地の農家や貧しい人々のために砂漠に緑を増やす活動をしてきた。グミ科の植物「沙棘(サジー)」を植える緑化活動だけでなく、現地の人々が健康食品となる果実を売って収入源の一部にできるようにサポートしてきた。

 その功績が現地の人々に認められ、共にボランティア活動していたNPO法人「2050」のメンバー約25人に特別に創設した同称号が贈られた。

 馬渕さんは「人のためではなく、自分のためにボランティア活動をしている。これからも命の続く限りは日本や世界の色々な場所に行って、問題と向き合い、活動していきたい」と抱負を語った。

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

加古さんに巌谷小波賞

加古さんに巌谷小波賞

児童文芸の最高峰を受賞

11月14日~12月10日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク