藤沢版 掲載号:2017年9月1日号

中国で愛和緑化大使の称号を贈られた

馬渕 豊さん

高倉在住 84歳

原点は「経験に理論なし」

 ○…中国シルクロードの緑化活動を通し、20年にわたり、現地の貧しい農家を支援し続けている。その功績が称えられ、住民から「愛和緑化大使」の称号を贈呈された。中国はまだ内陸部と沿岸部での経済格差が大きく、貧しい生活を送る人々は多い。収入が少なく、苦しい生活を強いられている人と共に問題を考えようと活動を続けている。「良いことをしていたのだと実感した。現地の人に寄り添い、貧困という問題を真剣に考えてきて良かった」と目を細める。

 ○…1994年からNPO法人「2050」と共に貧困地域を助けるボランティアを始め、その一環がシルクロードでの緑化活動だった。2年に1度、現地を訪問し、砂漠地帯で汗を流しながらシルクロードに何ヘクタールもグミ科の植物「沙棘(サジー)」を植えてきた。健康食品の果実は、収入になる。「自分も貧しい生活をしていた。だから、ほっとけない」と話す。

 ○…北海道の帯広で8人兄弟の次男として生まれた。大学卒業後、北海道放送に就職、その後テレビ東京へ移った。インタビュー番組『世界の主役』では、アメリカ大統領のニクソンなど多くの有名人を取材した。ボランティアは中国だけでなくベトナムやネパールなどアジア各国を回りながら行っている。ベトナムでは、ストリートチルドレンに出会い、日本語教師として支援。ネパールでは3つの学校を建てた。「教育が経済を豊かにする。少しでも力になれたなら良かった」と話す。

 ○…考えるよりも行動する「経験に理論なし」がモットー。「2050」が今年3月に解散してからも、仕事やボランティアで訪れた場所を飛び回っている。年末にはミャンマーを訪れる予定だ。現在は妻と二人暮らし。82歳の妻も現役で短歌を教えている。年を重ねても好奇心が衰えることなく「生きている限りやりたいことにチャレンジしていきたい」と目を輝かせた。

関連記事powered by weblio


藤沢版の人物風土記最新6件

辻村 琢光さん

9月17日の「ふじさわパラスポーツフェスタ」で開会のあいさつを行う

辻村 琢光さん

9月15日号

小川 葉良(はいら)さん

第52回全日本サーフィン選手権大会のメン・クラスで初優勝を飾った

小川 葉良(はいら)さん

9月8日号

久野 礼子(あやこ)さん

ボディビルの日本クラス別選手権大会の158cm以下級で優勝した

久野 礼子(あやこ)さん

8月25日号

和賀井 稔さん

長年にわたり、日本とインドネシアの若者の交流活動を推進するNGOの代表を務める

和賀井 稔さん

8月18日号

平野 修也さん

ワールドゲームズのライフセービング競技で世界一に輝いた

平野 修也さん

8月11日号

柴田 倭敏(まさとし)さん

パネル展を開催する藤沢市遺族会の会長を務める

柴田 倭敏(まさとし)さん

8月4日号

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月15日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/