藤沢版 掲載号:2017年9月1日号

イージーディフェンス社

日越合弁で新製品を開発 経済

市、産財が海外事業支援

8月から産業振興財団で試作機を試験運用
8月から産業振興財団で試作機を試験運用
 市内藤沢のICT企業、株式会社エイ・シー・ティ(板橋哲也代表取締役)がベトナムの企業と市内初の合弁会社「株式会社イージーディフェンス」を設立。日越共同で日本初の「PC自動ロックシステム」を開発した。

 この開発は藤沢市と公益財団法人湘南産業振興財団が2014年から3年に渡って行った海外事業展開等支援事業が後押しをしたもので、日本貿易振興機構(ジェトロ)の地域間交流支援事業の認定も受けている。

15年にハノイ市を訪問

 エイ社は15年10月にこの事業に参加し、ベトナムハノイ市を訪れた。ここで現地のICT企業、NTQソリューション社(ファム・タイ・ソン代表取締役)と知り合い、高い技術力、そして研究開発をしている、安売り競争はしないなどのN社の考え方に共鳴。16年8月に共同開発による製品開発に本格的に着手することになった。同年12月に開発販売を行う合弁企業、株式会社イージーディフェンス(石原健一代表取締役)を藤沢市に設立した。

情報漏えい防止で注目

 ベトナムの企業との合弁は同国がベトナム社会経済開発10カ年計画の中で、20年までに工業国家化をめざし、その戦略の中にソフトウェア産業も含まれていること、さらに国民の平均年齢が、日本の45・8歳に比べて28・7歳と、非常に若いことなども共同開発に弾みをつけた。もともとN社は日本との間で仕事をしたことがあるなど、縁もあったことも幸いした。

日本初の技術を開発

 同社が開発した製品「iLUTon(いるとon)」は、企業などの情報漏えいを防ぐためにPCのログイン、ログオフが意識することなく行えるというもの。 専用の受信機をPCに接続してカードを付帯しておくだけで席を離れる時に自動でログオフされ、また席に戻ってくる際もパスワードの入力をすることなく自動でログインされる。

 これまでも似たような技術はあったが、1メートルから1・5メートル離れていても自動でこの動作が行われることが画期的で、日本初の技術としても注目されている。現在、特許の出願中で、販売は18年1月を予定している。

 製品の開発販売を行うイー社の石原代表取締役は「国内にパソコンは3000万台あるといわれ、その内の1%にあたる30万台でこの製品が使われたら日本のセキュリティは変わる。それを目指したい」と話す。

iLUTon(いるとon)
iLUTon(いるとon)

関連記事powered by weblio


藤沢版のトップニュース最新6件

過去2番目に最少 153万人

市内海水浴客数

過去2番目に最少 153万人

9月15日号

「蚊の撲滅隊(モスキート・バスターズ)」が大成果

小児医療費 中3まで拡充

お経読むロボット開発

(株)ニッセイエコ

お経読むロボット開発

9月8日号

セブン&アイ3社と協定

藤沢市

セブン&アイ3社と協定

9月1日号

善行に雨水貯留管 築造へ

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月15日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/