藤沢版 掲載号:2017年9月1日号
  • googleplus
  • LINE

備え万全に、600人参加藤沢市総合防災訓練

社会

 9月1日の防災の日に合わせ、藤沢市総合防災訓練が8月26日、市消防防災訓練センター(石川)で行われ、市内から関係機関等50団体、619人が参加した。

 大規模災害発生時の初動体制や救助体制の確立を図ることや、防災協定などの有効性の検証を目的に、毎年行われている。

 今年は、午前10時に相模トラフを震源としたマグニチュード8・2の大地震が発生し、家屋の倒壊や道路の損壊のほか、市内ライフラインにも大きな損害が生じ、死者が多数発生したと想定。地震発生から、災害対策本部の設立、避難施設開設、人命救助、道路復旧など時系列に25項目の訓練を行った。

 道路復旧訓練では、ドローンを使い、撮影した俯瞰映像での状況確認や、バキュームカーなどを出動させ、避難施設における一般ごみやし尿対応訓練が初めて行われた。

 藤沢市は「災害発生から復旧まで、時系列で訓練を行うのは昨年度に続き2回目だが、滞りなくテキパキとできていた。多くの関係者に参加いただいているので、顔の見える関係づくりを進めていくことも大切にしている」と話した。

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

加古さんに巌谷小波賞

加古さんに巌谷小波賞

児童文芸の最高峰を受賞

11月14日~12月10日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月10日号

お問い合わせ

外部リンク