藤沢版 掲載号:2017年9月8日号
  • googleplus
  • LINE

救急フェアに210人AEDの操作方法学ぶ

文化

胸骨圧迫をする参加者
胸骨圧迫をする参加者
 9月3日から9日の「救急医療週間」に合わせ「救急フェア」が9月2日、秩父宮記念体育館で行われた。

 これは、藤沢市消防局が応急手当の普及啓発を目的に毎年行っている。当日は、約210人が参加。訓練用の人形を使い、市職員やNPO法人ふじさわ救命普及推進会の指導のもと、胸骨圧迫や人工呼吸、AEDの操作方法を学んだ。

 参加者からは「胸骨圧迫は思っていたよりも体力を使うから大変だった」「AEDの使い方は知っておくべきだと実感した」などの声があった。講話を行った市民病院救命救急センターの澤井啓介医師は「一人で救助することは難しい。だからこそ、多くの人が知識を持つことが大切」と講習を受講する大切さを話した。

 市は「一度だけでなく、定期的に受講してほしい。オリンピックでは多くの人が市を訪れるので一人でも多くの人に応急手当を身につけてもらいたい」と話している。

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

加古さんに巌谷小波賞

加古さんに巌谷小波賞

児童文芸の最高峰を受賞

11月14日~12月10日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク