藤沢版 掲載号:2017年9月8日号
  • googleplus
  • LINE

小児医療費 中3まで拡充所得制限付 19年4月から

政治

 藤沢市は、小児医療費助成の対象年齢の上限を小学校6年生から中学校3年生まで引き上げることを明らかにした。ただし、所得制限を設ける方向で対象は9000人。2019年4月からスタートしたい考えだ。

 藤沢市は、小学校6年生までの通院、入院については所得制限なしで助成、中学生は入院のみ所得制限を設け助成してきた。新制度では、中学生の通院医療費も助成対象に拡充する。ただし、現在の児童手当所得制限基準を超えていない世帯に限られる。

 対象者は、中学生の75%となる約9000人になる見込み。予算は約2億2500万円を見込んでいる。

 今後は、制度案を現在行われている藤沢市議会9月定例会の子ども文教常任委員会で報告し、11月に一般からの意見(パブリックコメント)を募集、来年2月に条例改正等を議会に提案し、可決すれば19年4月にスタートする。

 市子育て給付課は「今は市としての方向性を出したところ。これから様々な意見を取り入れ、より良い制度にしていきたい」とコメントした。

県内の助成状況

 藤沢市によると、神奈川県内33自治体のうち、中学校3年生まで入院、通院を助成しているのは、6市10町村で、そのうち所得制限なしで助成しているのは、厚木市・海老名市・綾瀬市など3市8町になる。近隣では、鎌倉市が今年10月から、現行の所得制限を設けたまま中学校3年生まで対象年齢を拡充する予定。全国でも通院助成対象を中学校3年までとする自治体が約6割になっている。

藤沢版のトップニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

加古さんに巌谷小波賞

加古さんに巌谷小波賞

児童文芸の最高峰を受賞

11月14日~12月10日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク