藤沢版 掲載号:2017年10月6日号
  • googleplus
  • LINE

登録文化財で古本市 古書とアート、古建築を堪能

文化

9月に開催された「蔵まえ古書店」の様子。1970年代の「暮しの手帳」などが販売された 
9月に開催された「蔵まえ古書店」の様子。1970年代の「暮しの手帳」などが販売された 
 旧東海道藤沢宿周辺の登録有形文化財の商家や蔵が、期間限定で「古書店」となるイベント「ひと箱古本市」が各所で開催される。

 「藤沢今昔まちなかアートめぐり」と「ふじさわアートフェスティバル」と並行して初めて行われるもので、歴史的建造物と現代アートを楽しみつつ、「読書の秋」を感じることができる。市内3会場では、出店者が「1日本屋さん」となり、読まなくなった雑誌や絵本、画集、レコードなどを持ち寄って販売する。

 10月14日(土)と15日(日)は、「アートめぐり」に合わせて旧稲元屋呉服店(本町1の3の34)の庭園と、関次商店(本町4の5の20)の軒下に、それぞれ古書店が出店する。午前11時から午後5時。

 10月21日(土)と22日(日)は、有田邸(大鋸3の8の2)で、10時から4時まで。近くの旧モーガン邸(大鋸1122)と、俣野別邸(戸塚区東俣野80の1)では「アートフェス」が開催されており、湘南ゆかりの作家の作品展示や各種催しが行われる。いずれも来場無料。

 湘南藤沢文化ネットワークの佐野晴美代表は、「アートイベントの来場者は毎回同じ顔ぶれなので、古本市をきっかけに、もっと多くの方に訪れてほしい。本にまつわる思い出を語ったり、店主や来場者との触れ合いを楽しんで。出店者も募集しています」と語る。

 詳細は、同ネットワーク【電話】0466・25・9909(佐野代表)へ。

藤沢版のローカルニュース最新6件

12月は洋蘭フェアー

オリジナリティーあふれるアレンジ・寄せ植えいたします。

http://chisanchisho.enopo.jp/flower-nouen/534-fujisawa-youran.html

みぎた歯科医院は日・祝日も診療

歯周病の治療や小学生の歯列矯正など様々な治療が受診できます。

https://mdc-6476.jimdo.com/

<PR>

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

植物染めの編み物展

植物染めの編み物展

「夢工房」で22日まで

12月1日~12月22日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

お問い合わせ

外部リンク