藤沢版 掲載号:2017年10月13日号
  • googleplus
  • LINE

命を救う技 競う スポーツ

片瀬西浜で日本一決まる

フラッグを狙う選手たち
フラッグを狙う選手たち
 ライフセービング発祥の地となる片瀬海岸で10月7日と8日、第43回全日本ライフセービング選手権大会が開かれ、全国から予選を勝ち抜いた1266人が日本一の座を争った。

 競技は水難救助を想定した個人7種目、チーム4種目が行われ、「水辺の事故ゼロ」を目指すライフセーバーが訓練の成果を競い合った。今年は、湯河原LSCが総合優勝を飾った。

 各レースの優勝者は以下の通り(敬称略、表記は男子/女子の順)。

■個人種目【サーフレース】池端拓海(九十九里)/三井結里花(大磯)【サーフスキーレース】西山俊(湯河原)/山本裕紀子(若狭和田)【ボードレース】石塚康敬(湯河原)/市川恵理(湯河原)【オーシャンマン】西山俊【オーシャンウーマン】三井結里花【ビーチフラッグス】北田尚輝(三浦海岸)/池谷雅美(柏崎)【ビーチスプリント】森新太郎(銚子)/田中綾(昭和第一学園高校)【2Kmビーチラン】山中裕二(拓殖大学)/國井菜名(御浜)

■チーム種目【レスキューチューブレスキュー】湯河原LSC/湯河原LSC【ボードレスキュー】日本体育大学LSC/湯河原LSC【オーシャンウーマンリレー】銚子LC【オーシャンマンリレー】湯河原LSC【ビーチリレー】日本体育大学LSC/銚子LC

関連記事powered by weblio


好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

社労士による無料相談会

社労士による無料相談会

雇用保険や年金問題など

10月20日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月13日号

お問い合わせ

外部リンク