藤沢版 掲載号:2017年10月13日号
  • googleplus
  • LINE

船村徹氏が名誉市民に 文化

藤沢で46年 功績を称え 

藤沢市名誉市民に選ばれた船村徹氏
藤沢市名誉市民に選ばれた船村徹氏
 藤沢市は市制記念日の10月1日、戦後の歌謡曲を代表する作曲家・故船村徹氏を藤沢市名誉市民に選定し、顕彰式を行った。

 式典には、妻の福田佳子さんと長男の妻である福田さゆりさんが出席。市から賞状と勲章、記念品が手渡された。

 妻の佳子さんは「昭和46年から藤沢で暮らしている。今回は大変名誉なものいただいた。船村が生きていれば大変喜んだと思う」と感謝の言葉を口にした。

 今後、船村氏の肖像画が市民会館大ホールの入口に飾られる予定になっている。

 船村徹氏は、1932年、栃木県船生村生まれ。本名は福田博郎。「別れの一本杉」「矢切の渡し」「王将」「みだれ髪」など、世に送り出した曲は5千曲以上といわれ、演歌の世界では、並ぶものがない大御所の作曲家として尊敬されている。71年に藤沢市に移り住み、創作活動を行っていた。今年2月に84歳で死去した。

 藤沢市名誉市民には、69年に元総理大臣の片山哲氏が第1号に選ばれ、その後、日本画家の片岡球子氏、友禅作家の田島博氏など14人が選ばれている。

 また、この日は、毎年開かれている藤沢市表彰式も行われ、市政の振興、公共の福祉の増進、文化の向上などに功労のあった市民352人を表彰した。

関連記事powered by weblio


好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

社労士による無料相談会

社労士による無料相談会

雇用保険や年金問題など

10月20日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月13日号

お問い合わせ

外部リンク