藤沢版 掲載号:2017年11月3日号
  • googleplus
  • LINE

日大学部祭にぎわう野菜の叩き売りが人気

文化

賑わう藤桜祭
賑わう藤桜祭
 日本大学生物資源科学部(大矢祐治学部長)の学部祭「藤桜祭」が10月28日、29日の2日間、同学部キャンパスで開かれた。

 今年のテーマは「襷〜生命育む未来への想い〜」。学部祭に関わる全ての人々の想いを未来に活かし、繋げていこうと決められた。

 会場には、多くの模擬店が並び、ステージでは部活やサークルの催し、教室では学生の日頃の研究の成果が発表された。広い農場のある同学部らしい催しも多く、特に、学生が育てた野菜の叩き売りは、用意した野菜が完売するほどの人気を集めた。

 また、学生や教授らが実習や研究などで繋がりのある、栃木県、岩手県、福島県などの地域の人々も参加し、物産展などを開き会場を盛り上げていた。メインコンサートでは歌手の家入レオさんが歌声を披露した。

 実行委員長の浦和達也さんは「多くの方々に来場してもらい、感謝しています。食品販売のトレーにはエコ素材を使うなど、生物資源科学部らしい催しを開けたと思う」と話した。

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

加古さんに巌谷小波賞

加古さんに巌谷小波賞

児童文芸の最高峰を受賞

11月14日~12月10日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク