舞妃蓮(まいひれん) 一面に開花

鵠沼藤が谷の第一はす池

掲載号:2017年6月16日号

  • googleplus
  • LINE
舞妃蓮が咲く第一はす池(6月9日撮影)
舞妃蓮が咲く第一はす池(6月9日撮影)

 鵠沼藤が谷の第一はす池で、地元住民が育成を続けている無数の「舞妃蓮」が開花し、行き交う人の目を楽しませている。

 舞妃蓮は、大きな白い花をつける鑑賞蓮。同はす池の美化を目的に2014年、市民団体「はす池の自然を愛する会」が移植した。同会によると、当初はほとんどの蓮根が腐ってしまい、3輪しか開花しなかったが、環境整備を続けた結果、年々開花数が拡大。15年には約90輪、16年には約2700輪と急増した。

 同会の武井創会長は「はす池には以前、水中生物を危機に追いやる特定外来種の浮草アゾラ・クリスタータが繁殖していた。駆除を続けて環境が改善し、今年は4000輪ほど咲くのではないか」と話した。7月初旬までは見頃という。

  • googleplus
  • LINE

藤沢版のローカルニュース最新3件

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>