藤沢版
最新号:2017年12月 8日号

[0]ホーム [1]地域トップ [2]地域選択


落雷位置システムで防災に
湘南工科大・成田知巳教授
8月19日号

大学屋上に落雷位置標定ネットワーク装置「ブリッツ」を初めて導入した成田教授(右)

 湘南工科大学電気電子工学科の成田知巳教授研究室は、落雷位置標定ネットワーク装置「Blitzortung.org」(ブリッツ)の受信局を同大屋上に日本で初めて導入した。

 ドイツの大学教授らが開発した同装置は、落雷で放射される電磁波をセンサーでとらえ、方角や時間差から落雷があった場所を測定するもの。製造コストは低いが、精度は極めて高く、3つ以上の受信局があれば、より正確に判定できるという。米国や欧州、オセアニアですでに約800局展開されているが、アジア圏では香港、タイにそれぞれ1局のみ。今回、同大をはじめ、東京都内に2カ所と埼玉に設置したことに伴い、アジアやオセアニア圏での落雷標定が可能になったという。

 成田教授らは、ドイツから取り寄せた電子部品を一から組み立て、足りない材料は秋葉原やホームセンター、百円ショップなどで揃えた。「落雷による経済損失は膨大な上、日本でも年間、落雷の死亡事故は10件以上発生しているので、防災・人身災害防止に役立てられれば。また、雷を同時に伴うゲリラ豪雨や竜巻の発生も直前に予測できるので、避難などに活用できる」と話す。

 これまで日本では、電力会社や気象会社のシステムを通じて、落雷地点を確認することができたが、詳細データの取得には多額の費用がかかっていた。

 ブリッツのリアルタイム情報は、ホームページ【URL】LightningMaps.orgで無料公開されている。




藤沢版のローカルニュース最新3件

[メモ]長後で写真展 12月 8日号
[メモ]毛利悠子さんの作品展 12月 8日号
[メモ]タバコ被害や対策を紹介 12月 8日号

ローカルニュースの一覧へ

[0]ホーム
[1]地域トップ
[2]地域選択
[グッド]ページトップへ

(C) 2017 TOWNNEWS-SHA CO.,LTD.