鎌倉版 掲載号:2016年12月16日号

ベストジーニスト一般新人部門でグランプリを獲得した

長谷川 侑紀さん

市内在住 28歳

「夢に向かって挑戦続ける」

 ○…毎年、「最もジーンズが似合う有名人」が発表され、俳優やモデルが華やかにステージを飾る「ベストジーニスト」。今年の「一般新人部門」で、見事グランプリを獲得した。「輝かしい賞をとれてうれしい。今回の経験を、夢への第一歩にできたら」と結果を振り返る。

 ○…市内で生まれ育った。小学生まで母親が仕立てた服をよく着ていたが、「実は女の子らしいふりふりはあまり好きじゃなかった」と笑う。中学生になり自ら選んで服を着るようになると「ファッションで自己表現できることに気付いた」。大学卒業後、大手アパレル企業に就職。百貨店で勤務した。次第に「ファッションデザイナーになって自分のブランドを持ちたい」という夢を抱くように。仕事を辞め2014年にドイツへ渡り、アルバイトをしながら本場欧州のデザインを独学で学んだ。

 ○…現地で仕事も決まり、腰を据えて活動しようと思っていた矢先に交通事故にあった。警察で引き取った自転車はぐにゃりと曲がり、穴だらけのパーカーが事故の衝撃を物語っていたが「不思議とジーンズには穴一つあいていませんでした」。療養のため帰国後、インターネットでベストジーニストの募集を目にした際に「事故の時、足を守ってくれたジーンズに運命的なものを感じた」という。審査会では「他の人と目が違う」と声をかけられるなど内に秘めた意思の強さも評価され、栄冠をつかんだ。

 ○…現在は来春に控える別のコンテストの最終審査に向けて、レッスンに励んでいる。「ファッションデザイナーという夢は全くぶれていない。でも今は、自分自身に『説得力』をつけるために色々なことに挑戦したい。大好きな鎌倉を世界に発信できるようなブランドを立ち上げて、40歳までに地元にお店を出せれば」。未来を見つめる瞳は、きらきらと輝いている。

鎌倉版の人物風土記最新6件

加藤 茂雄さん

絵本『茂さん―鎌倉長谷のむかしむかし』を出版する

加藤 茂雄さん

4月21日号

渡邉 公子さん

「ふらっとカフェ鎌倉」の代表を務める

渡邉 公子さん

4月14日号

中尾 健治さん

『健爺の鎌倉散歩ノート』を出版した

中尾 健治さん

4月7日号

山森 雅子さん

40年以上にわたり北鎌倉女子学園ダンス部顧問を務めた

山森 雅子さん

3月31日号

遠藤 亮さん

日本基督教団鎌倉教会の牧師で作曲家

遠藤 亮さん

3月24日号

高橋 康資さん

オリンパスギャラリー東京で写真展を開く

高橋 康資さん

3月17日号

関連記事(ベータ版)

鎌倉版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年4月21日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/