鎌倉版 掲載号:2017年1月20日号

「明るい社会」絵で訴える 教育

中学生3人を表彰

(前列左から)受賞した中野さん、中田さん、清水さん
(前列左から)受賞した中野さん、中田さん、清水さん
 「社会を明るくする運動」ポスターコンテストの表彰式が1月10日、市役所で開催された。

 この運動は犯罪や非行のない明るい社会を築こうと1951年から行われているもので、66回目。鎌倉市では毎年中学生を対象としたポスターコンテストを開催している。

 最優秀賞を受賞した市立深沢中学校2年の中田小百合さんは「いのち縮めないで」と題し、砂時計の上にあるハートがたばこの煙で崩れる様子を描いた。中田さんは「授業でたばこを1本吸うと寿命が5分半縮むと聞いて描いた。将来はクリエイティブな仕事に就きたい」と語った。

 優秀賞は深沢中学校2年の清水月麗(ちま)さんと同校2年の中野寿里花(じゅりか)さんだった。今回表彰された3作品と佳作を含む10作品は2月6日(月)から14日(火)まで、市役所本庁舎2階の総務課前に展示される。

鎌倉版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年3月24日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/