鎌倉版 掲載号:2017年2月17日号

今泉台で欧州発の「ラボ」 社会

商品開発を住民が後押し

連携する今泉町内会や大学、企業、行政の代表者(上)昨年11月に行われた商品テストの様子(右)
連携する今泉町内会や大学、企業、行政の代表者(上)昨年11月に行われた商品テストの様子(右)
 企業などと連携し、住民自身が生活を向上させるための新たなサービスや商品を開発、改善する「リビング・ラボ」と呼ばれる取り組みが、市内今泉台で始まった。関係者は「まちに多世代の交流や活気がうまれるきっかけにしたい」と意気込んでいる。

 リビング・ラボとは、企業や大学と連携しながら暮らしを豊かにするためのサービス、商品の開発や改善を、住民が主体的に行う取り組み。ヨーロッパを中心に広がっており、世界で約400カ所が活動する。

 今回の取り組みでは、今泉台町内会(NPO法人タウンサポート鎌倉今泉台)、東京大学高齢社会総合研究機構、三井住友フィナンシャルグループ、鎌倉市が連携。市によれば、国内で様々な主体による本格的なリビング・ラボが実施されるのは初めてという。

 舞台となる今泉台は、市内で最も高齢化が進んだ地域の一つ。2015年以降、産官学連携で「長寿社会のまちづくり」が進められてきたことなどから取り組みが実現したという。

 今後は大学、企業から持ち込まれたアイディアを住民同士で検討したり、試作品を使用したりしながら改善点を洗い出し、新しい製品やサービスの開発を目指していく。

 昨年11月には、海外の製薬メーカーからの依頼で、分かりやすいパッケージづくりに関する商品テストが実施されたほか、3月末までに、家具や女性用製品に関する座談会などが予定されているという。

 住民への告知や参加者の募集などを担うタウンサポート鎌倉今泉台の丸尾恒雄理事長は「鎌倉・今泉台から生まれた商品やサービスが、全国に発信されることになればうれしい」と取り組みを歓迎。市は「今泉台は市内でも高齢化が進んでいる地域で、高齢者が使いやすい商品やサービスの開発、長寿時代にふさわしい新たな働き方、生き方、社会の在り方の提案につなげてほしい」と話している。

鎌倉版のトップニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年3月24日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/