鎌倉版 掲載号:2017年3月10日号

鎌倉桜まつり開催 文化

浄智寺のタチヒガン
浄智寺のタチヒガン
 今年も鎌倉に桜のシーズンがやってきた。各地で様々なイベントが開催されるなか、市内では、長年にわたり桜の植樹活動を行ってきた「かまくら桜の会」が講演会や散策ツアー、観桜会などを企画している。本紙は同会の協力のもと、鎌倉と桜の魅力を改めて紐解き、隠れた見所やおすすめスポットを紹介する。

 「かまくら桜の会」(高柳英麿会長)は1973年に若宮大路に桜を植えたのを皮切りに、これまで市内各地に約1700本の桜を植樹してきた。

 昨年、装い新たになった段葛の開通に合わせ、各種イベントを企画。「桜の女王」を招いてパレードを行ったほか、建長寺で「さくらの講演会」を開催した。

 今年も写真展や講演会、散策イベントなどを企画しており、高柳会長は「1年で最も街が華やぐ季節。新たな鎌倉の魅力を見つけてほしい」と話している。

桜の講演会

 講演会「禅と食とタチヒガン」が3月24日(金)、鎌倉生涯学習センター4階第6集会室で開催される。午前10時から11時30分まで。資料代1千円。

 講師は浄智寺の朝比奈惠温住職が務める。鎌倉市指定天然記念物で、「かながわ名木100選」にも選ばれたタチヒガンに関するエピソードや、禅、食などについて講演する。

 また、前市民活動センター運営会議理事長で、現在きららカフェの世話人を務める渡辺公子さんも登壇し、街づくりにおける桜の役割や今後の展望を語る。

 チケットは鎌倉生涯学習センター1階の「きららカフェ」で取り扱い中。定員先着50人。

 問い合わせは【電話】0467・23・2530かまくら桜の会へ。

散策イベント

 かまくら桜の会が主催する散策イベント「鎌倉山・七里ガ浜・桜ウォーク」が4月6日(木)、開催される。雨天中止、定員30人(応募多数の場合は抽選)。

 桜の名所、鎌倉山から七里ガ浜の「桜のプロムナード」までの約2Kmのコースを歩いた後、寿司割烹五條で「桜御膳」を堪能する。

 午前10時に「鎌倉山」バス停前に集合。午後0時30分頃解散。参加費1人2800円(昼食・保険代込、ドリンクと交通費は別)。

 申し込みは氏名、住所、電話番号を記入の上、【FAX】0467・31・9441鎌倉五條へ。

鎌倉版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

鎌倉版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年4月21日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/