鎌倉版 掲載号:2017年3月17日号
  • googleplus
  • LINE

大船RC「支援続け教訓伝える」朗読会に80人参加

社会

挨拶する中村会長(左)と朗読会の様子
挨拶する中村会長(左)と朗読会の様子

 鎌倉大船ロータリークラブ(中村聡一郎会長)は3月2日、市内小袋谷の成福寺で東日本大震災で被災した地域の支援を目的とした「朗読の会」を開催した。

 同クラブでは震災が発生して以来、様々な支援を行っており、今回もその一環。当日は約80人が参加し、徳備祐子さんのピアノ演奏に乗せてフリーアナウンサーの野中民美代さんが朗読する芥川龍之介の『杜子春』『蜜柑』に聞き入っていた。

 会場には募金箱が設けられ、集まった約7万5千円は東日本大震災復興支援財団に寄付される。中村会長は「震災で犠牲になった人々の御魂を鎮めるとともに、教訓を忘れないためにも支援を続けていきたい」と話していた。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「気軽に書道体験を」

「気軽に書道体験を」

市内二階堂で無料教室

12月13日~12月13日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク