鎌倉版 掲載号:2017年6月9日号
  • googleplus
  • LINE

鎌倉のとっておき〈第24回〉 カフェと鎌倉

壽福寺の参道
壽福寺の参道

 鎌倉文士の影響からか、鎌倉にはそれぞれに趣向を凝らした数多くのカフェ(喫茶店)がある。地元の人々はもちろん、鎌倉を訪れる旅行者にも憩いとやすらぎの場を提供している。

 今や我々の生活に欠かせない「喫茶」の習慣。歴史を紐解けば、この習慣の発信源はまさに中世鎌倉であった。

 壽福寺(市内扇ガ谷)の開山であり、日本における臨済宗の祖・栄西は12世紀後半、当時の宋(中国)に2度渡り、天台密教や禅宗を究めるとともに、「茶」に関する多くの知識を携えて帰国した。

 そして栄西は同時に、宋から茶の種(苗)を持ち帰ったとされている。

 鎌倉幕府が編纂した歴史書『吾妻鏡』にはこれに関連した興味深いエピソードがある。

 二日酔いで苦しんでいた当時の将軍・源実朝の治療に、薬と称して「茶」を勧めたところ無事に回復したと記されているのだ。

 栄西はその後、源実朝に「茶」の効用をしたためた『喫茶養生記』を献上した。こうしたことを契機に、禅宗とともに養生や健康増進のための薬として、「喫茶」の習慣が鎌倉から日本各地へ広まっていったという。

 くだんの『喫茶養生記』は、源頼朝の父・義朝の屋敷跡とされる壽福寺に伝わり国の重要文化財として大切に所蔵されていた。現在は鎌倉国宝館に寄託されている。

 鎌倉は昔も今も、訪れるあまたの人々を「喫茶」の効用で癒してくれる、やさしくてトレンディーな街なのである。

石塚裕之
 

鎌倉版のコラム最新6件

二階堂永福寺と『とはずがたり』の作者二条

鎌倉と源氏物語〈第21回〉

二階堂永福寺と『とはずがたり』の作者二条

12月8日号

お酒にまつわるエトセトラ

鎌倉のとっておき〈第32回〉

お酒にまつわるエトセトラ

12月8日号

鎌倉にある湖とその歴史

鎌倉のとっておき〈第31回〉

鎌倉にある湖とその歴史

11月24日号

消えた玄さん石碑が残る

玄海男生誕100年〈第4回〉

消えた玄さん石碑が残る

11月17日号

鎌倉市〒の旅 vol.17

「健康食」ことはじめ

鎌倉のとっておき〈第30回〉

「健康食」ことはじめ

11月3日号

12月は洋蘭フェアー

オリジナリティーあふれるアレンジ・寄せ植えいたします。

http://chisanchisho.enopo.jp/flower-nouen/534-fujisawa-youran.html

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

お問い合わせ

外部リンク