鎌倉版 掲載号:2017年7月7日号

鎌倉と源氏物語〈第18回〉

後嵯峨天皇と『源氏物語』と鎌倉

嵐山 亀山離宮跡公園碑
嵐山 亀山離宮跡公園碑

 「武士の都」として知られる鎌倉ですが、『源氏物語』と深い関係があることはあまり知られていません。文化薫る歴史を辿ります。

 北山准后の娘である大宮院と後嵯峨天皇の間にお生まれになった方が、『とはずがたり』の作者の二条を寵愛した後深草天皇です。

 鎌倉幕府と朝廷が戦った承久の乱で鎌倉方が勝利したために、後嵯峨天皇は幕府の決断で即位されました。そのため、後嵯峨天皇はそれまでの朝廷とは打って変わって、幕府と親密な関係を築いていかれます。その一つの顕れが皇子・宗尊親王の第6代将軍としての鎌倉下向でした。

 後嵯峨天皇が目指されたのは藤原道長の時代のような宮廷文化の復興です。それで亀山離宮を造営されたり、『源氏物語』を重要視して学んだりされます。鎌倉の『源氏物語』である「河内本源氏物語」も御覧になっていられます。

 二条は後嵯峨院の崩御に立ち合いました。崩御が迫って亀山離宮に移られた時、二条も後深草院とともに参上して見守ったのでした。

 鎌倉幕府の出先機関である北方南方の両六波羅探題も見舞に訪れます。その時の南方が第8代執権時宗の兄・時輔でした。2月9日のことです。

 しかし15日、都の方に夥しい煙があがっているのを二条は見ます。訊くと、「南方の時輔が討たれた」とのこと。世にいう「二月騒動」です。

 二条は明日をも知れぬ後嵯峨院を見舞にきた時輔が先立つなんてと、「あへなさ申すばかりなし」と『とはずがたり』に記しました。嵐山の亀山離宮の跡地には現在、天龍寺が建っています。

織田百合子
 

関連記事powered by weblio


鎌倉版のコラム最新6件

鎌倉市〒の旅 vol.15

鎌倉の「水」今昔と黄門様

鎌倉のとっておき〈第26回〉

鎌倉の「水」今昔と黄門様

7月7日号

鎌倉と祇園会

鎌倉のとっておき〈第25回〉

鎌倉と祇園会

6月30日号

鎌倉市〒の旅 vol.14

カフェと鎌倉

鎌倉のとっておき〈第24回〉

カフェと鎌倉

6月9日号

二条の縁戚北山准后とは

鎌倉と源氏物語〈第17回〉

二条の縁戚北山准后とは

6月9日号

関連記事(ベータ版)

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年7月21日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/