鎌倉版 掲載号:2017年7月14日号
  • googleplus
  • LINE

8月3日「ジャズと落語」に出演するジャズピアニストスガダイローさん鎌倉市出身 43歳

意識超え観客に響く演奏を

 ○…気鋭の若手ジャズピアニストとして活躍する。8月3日には噺家・柳家小八氏との共演で「ジャズと落語」と題したライブを鎌倉生涯学習センターで開催。「鎌倉での演奏は久しぶり。地元は知り合いも多いし照れくさいけれど、鎌倉にふさわしい音楽をお届けしたい。気軽に楽しんでもらえたら」と話す。

 ○…藤沢で生まれ、小学校2年生で稲村ガ崎へ。4年生で始めたピアノが音楽への入り口となった。当初はクラシックを演奏していたが、中学時代に転機が訪れる。帰宅途中に大仏殿高徳院の近くを歩いていると、境内で野外ライブが行われていた。「何気なく演奏を聞いていたらすごく恰好よくて、衝撃を受けた」と振り返る。確認すると、演奏の主は日本を代表するジャズピアニスト・山下洋輔氏。以降はジャズの世界に「のめり込んだ」という。

 ○…七里ガ浜高校を卒業後、一度は東京農工大に進学。しかし大学2年生の時、山下氏が洗足学園にジャズコースを新設する、という話を耳にすると、音楽への情熱を抑えることはできなかった。同校に転じ師から様々なことを吸収した後、米・バークリー音楽大学に留学。帰国後は「スガダイロートリオ」「渋さ知らズ」などのバンド活動を行いながら、2011年にメジャーデビューした。小説家が読み上げる物語に合わせて即興演奏するなど、型破りなライブにも果敢に挑戦してきた。「演奏していると、音楽が自分の意識を超えてライブ会場を『独り歩き』することがある。その瞬間を追い求めているのかもしれません」と語る。

 ○…現在は逗子市在住。「都会にも住んだけれど、やっぱり自然が身近にある場所が暮らしやすい」と笑う。小学1年生の一人娘には「ピアノを教えるつもりはない」という。「誰かにやらされたことではなく、自分で見つけた好きなことに思いっきり挑戦して欲しい。それを応援したいですね」と目尻にしわをよせた。

鎌倉版の人物風土記最新6件

薄永(うすなが) 礼子さん

22年にわたって防犯指導員を務め「防犯栄誉銀章」を受賞した

薄永(うすなが) 礼子さん

11月17日号

中里 宏司さん

鎌倉市出身で元Jリーグ湘南ベルマーレ選手

中里 宏司さん

11月10日号

鴇澤(ときざわ) 亜妃子(あきこ)さん

『宝石鳥』で第2回創元ファンタジイ新人賞を受賞した

鴇澤(ときざわ) 亜妃子(あきこ)さん

11月3日号

柏木 豊司さん

初の展覧会を開催中の鎌倉彫資料館の館長を務める

柏木 豊司さん

10月27日号

野口 博さん

大船警察署の署長に就任した

野口 博さん

10月20日号

廣野 妙子さん

ブラッサムアートを考案し、15周年の展覧会を開く

廣野 妙子さん

10月13日号

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「気軽に書道体験を」

「気軽に書道体験を」

市内二階堂で無料教室

12月13日~12月13日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク