鎌倉版 掲載号:2017年8月4日号

救急件数が昨年比202件増 社会

「軽症」が全体の4割占める

 鎌倉市はこのほど、2017年上半期の火災救急概況を発表した。これによると、昨年の同時期と比べて火災件数は減少したものの、救急件数は202件の増加となった。その日のうちに帰宅できた軽傷者が全体の4割を占めており、市消防本部は引き続き救急車の適正利用を呼び掛けているほか、来年から必要性の低い要請について実態調査を行う。

 市が発表した2017年上半期(1〜6月)の火災救急概況によると、火災件数は13件で昨年に比べ3件減少した。「建物火災」が昨年に比べおよそ半数の7件となり、全体の件数抑制につながった。負傷者は1人だった。

 原因は「こんろ(天ぷら油含む)」が2件、「たき火」が1件、「その他(調査中を含む)」が10件だった。

 市消防本部は「全国的に『こんろ(天ぷら油含む)』が原因の火災が多いので、火の元から離れないといった予防策を徹底してほしい。また、火災の早期発見のためにも住宅用火災警報器の設置を」と話す。

適正利用呼びかけ

 救急件数は5236件で、昨年の5034件に比べ202件(約4%)増加した。そのうち医療機関に搬送されたのは4932人で、65歳以上の高齢者が3316人と全体の67・2%を占めた。

 また、入院を必要とせずその日のうちに帰宅した「軽症」の人は2074人で全体の42%にのぼり、改めて救急車の適正利用の必要性が浮き彫りとなった。

 全国的にも救急車の出動件数が増加している現状を受け、総務省消防庁は対策に乗り出す。来年から「受診できる医療機関がわからなかった」など9項目を必要性が低い要請として集計し、効率的な運用につなげたい考えで、市でも準備が進められている。

 市消防本部は「いざという時はためらわずに救急車を呼んでほしい。ただ、医療機関案内や休日夜間急患診療所といった制度があるので、重症患者の救命率向上のためにも、正しい使い分けを」と呼びかけている。

関連記事powered by weblio


鎌倉版のトップニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年8月11日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/