鎌倉版 掲載号:2017年8月11日号

福島県民100人を鎌倉に招待 社会

未来連福プロジェクト

大仏殿高徳院では逗子開成高校和太鼓部が演奏を披露した
大仏殿高徳院では逗子開成高校和太鼓部が演奏を披露した
 「未来連福プロジェクト」(齊藤美代子代表)は7月29日から8月1日まで、福島県の住民を鎌倉に招待し、「建長寺で会いましょう」を開催した。

 これは、同団体が東日本大震災被災地支援として定期的に実施しているもの。今回は福島県川内村と葛尾村、三春町、楢葉町、富岡町の人たち100人と関東地方への避難者が鎌倉を訪れ、ボランティアスタッフを合わせて300人以上が交流を深めた。

 参加者らは建長寺に宿泊しながら、鶴岡八幡宮や円覚寺、材木座海岸、新江ノ島水族館、小町通りなどを観光。レクリエーションも多数企画され、大仏殿高徳院では逗子開成高校和太鼓部の演奏が披露された。

 楢葉町在住の75歳の女性は「地元の和太鼓グループは震災を機に活動できなくなってしまったので懐かしい気持ちになった。高校生の演奏は迫力があって感動した」と感想を話した。齊藤代表は「今後も続けていきたい」と語った。

関連記事powered by weblio


鎌倉版のローカルニュース最新6件

青蓮寺墓苑 新区画 限定販売

墓石付き完成墓地98万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ハンドベルコンサート

エルバ

ハンドベルコンサート

10月29日に栄区のリリス

10月29日~10月29日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年9月8日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/