鎌倉版 掲載号:2017年9月8日号
  • googleplus
  • LINE

9日から18日まで開催される「紙で伝える展」を企画した西野 大介さん常盤在住 30歳

伝えること考える機会に

 ○…研究書から児童書まで、幅広く手がける出版社「銀の鈴社」。その取締役として、明日から雪ノ下の自社ギャラリーで始まる「紙で伝える展」を鎌倉・湘南を拠点とするコピーライター、印刷会社の経営者とともに企画した。会場には80種類の一筆箋と18種類の封筒、多数の筆記用具が用意されており、来場者は「誰かに伝えたい思い」をそこにしたためていく。「どの便箋にどの筆記具を使って何を書くのか。『紙だからこそ、伝えられること』について考えるきっかけになったら」と笑う。

 ○…ネットの普及による出版不況や活字離れ―。危機感を共有する3人が、異業種交流会を通じて出会ったことが「紙で伝える展」開催のきっかけとなった。2年前に第1回を開催すると様々な反応があったという。「海外の人が『誕生日おめでとう』と日本語で書いてほしい、とリクエストしてきたことも。ネットのように瞬間的にやり取りされる言葉ではないからこそ、相手を深く想う豊かな時間があることに改めて気づかされました」と振り返る。

 ○…埼玉県出身で小学5年生の時に鎌倉へ。曾祖父は国語教育者で、学会の機関紙や研究書を出版するために祖父母が1967年に出版社を設立した。その後、86年に「子どもに直接思いが届く本を」と母・真由美さんらが立ち上げたのが銀の鈴社だ。大学卒業後の進路を決める際には、夢だったという教師になるか、迷ったともいうが「よい本を届けることも子どもたちのためになるはず」と出版者の道を選択した。

 ○…3歳の娘と生後3カ月の息子がおり、長女には自ら手がけた本を読み聞かせることも多いという。「意外なページに反応したり、発見の連続ですね」と目を細める。「本は時代を超えて受け継がれ、書かれたものが人生を左右することもある。これからも子どもに自信を持って残せるような、責任ある仕事をしていきたい」と力強く語った。

鎌倉版の人物風土記最新6件

薄永(うすなが) 礼子さん

22年にわたって防犯指導員を務め「防犯栄誉銀章」を受賞した

薄永(うすなが) 礼子さん

11月17日号

中里 宏司さん

鎌倉市出身で元Jリーグ湘南ベルマーレ選手

中里 宏司さん

11月10日号

鴇澤(ときざわ) 亜妃子(あきこ)さん

『宝石鳥』で第2回創元ファンタジイ新人賞を受賞した

鴇澤(ときざわ) 亜妃子(あきこ)さん

11月3日号

柏木 豊司さん

初の展覧会を開催中の鎌倉彫資料館の館長を務める

柏木 豊司さん

10月27日号

野口 博さん

大船警察署の署長に就任した

野口 博さん

10月20日号

廣野 妙子さん

ブラッサムアートを考案し、15周年の展覧会を開く

廣野 妙子さん

10月13日号

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

若年性認知症の体験聞く

若年性認知症の体験聞く

19日、市福祉センターで

11月19日~11月19日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク