鎌倉版 掲載号:2017年10月6日号
  • googleplus
  • LINE

意見広告 文化都市・鎌倉の再生を! フリージャーナリスト 岩田かおる

 鎌倉の市政は2期8年の現市長のもと市職員の不祥事が相次ぐなど混迷・迷走を深めています。私は以下の5つの施策を提案します。

【1】市役所移転中止を

 現市長は市役所本庁舎を深沢に移転させる方針です。しかし私は、本庁舎は現在の場所で当面維持し、移転にかかるとされる180億円の費用を、小学校の校舎建て替え等に回すべきと考えます。

【2】焼却場山崎以外に

 すでに下水処理施設がある山崎に、新たなごみ焼却施設を建設する計画は中止するべきです。別の場所に住民合意の上、安全でクリーンかつコンパクトな焼却場を整備することが望ましいと考えます。

【3】ごみ有料化撤廃

 家庭ごみの有料化は撤廃し、無料で収集する形に戻すべきです。

【4】美術品の展示施設を

 市が所有する絵画や彫刻など美術品の多くは、東京の倉庫に置いたまま。美術品を常設展示できる施設を設けるべきです。

【5】文化財の保護を

 北鎌倉の洞門は安全性を確保した上でできる限りの景観を残し、由比ヶ浜のショッピングモール計画は見直すなどして、古都鎌倉の景観を守るべきです。

 皆さんとともに、もう一度「開かれた市政」を鎌倉に取り戻すために、意見をお聞かせ下さい。
 

岩田かおる後援会

鎌倉市扇ガ谷1-8-2堀口AP-1F

TEL:0467-24-4414

http://k-iwata.main.jp

鎌倉版の意見広告・議会報告最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

お問い合わせ

外部リンク