鎌倉版 掲載号:2017年10月6日号
  • googleplus
  • LINE

「オクトーバーフェスト」を主催する鎌倉商工会議所青年部鎌倉ビジョン委員会委員長

木村 信也さん

小町在住 43歳

「被災地と鎌倉盛り上げたい」

 ◯…東日本大震災被災地の復興支援と地域振興を目的として、2012年にスタートしたビールの祭典「オクトーバーフェスト」が今年も開催される。イベントを企画・運営する鎌倉商工会議所青年部・鎌倉ビジョン委員会の委員長を務める。「私自身も昨年、仙台を訪れましたが、被災地では以前の生活を取り戻すことができずに苦しんでいる人がいまだに多くいることを実感しました。来場する人にはビールを楽しみながら、被災地にも思いを馳せてほしい」と話す。

 ◯…埼玉県出身で、高校卒業後に鎌倉へ。大学在学中からアルバイトとして働いていた大手ファストフードチェーンで働いた後、11年前に父が鎌倉で立ち上げた保険代理店に入社した。営業という全く違う分野での再スタートに戸惑うことも多かったが「もともと人と話すことは大好き。地域のお客様に助けられて、なんとかここまで来ることができました」と噛みしめるように話す。昨年初め、父から社長を引き継いだ。「気づけばスタッフも10人以上。家族経営を脱して、会社としての形を整えたかった」とマニュアルやルールづくりを進め、次の成長への土台づくりを目指す。

 ○…商工会議所青年部に入会したのは3年前。「全く違う業種の人と出会うことができて、いい刺激を受けています」と笑顔を見せる。オクトーバーフェストの責任者には、昨年の打ち上げの際に手を挙げた。「不安もありましたが、これまで先輩たちが積み上げてきた実績と、信頼できる仲間がいるので大丈夫だと思った」と振り返る。

 ○…家庭では10歳、8歳、2歳という三姉妹の父親。「女の子ばかりなので家はいつもにぎやかですよ」と頬を緩める。愛する家族との時間も削りながら、約1年がかりで進めてきたイベントはもう目の前。「新たな趣向も盛り込んでいます。訪れた人にとって忘れられない時間になれば」と力強く語った。

関連記事powered by weblio


鎌倉版の人物風土記最新6件

野口 博さん

大船警察署の署長に就任した

野口 博さん

10月20日号

廣野 妙子さん

ブラッサムアートを考案し、15周年の展覧会を開く

廣野 妙子さん

10月13日号

岩井 裕一さん

鎌倉芸術館の総括責任者を務める

岩井 裕一さん

9月29日号

田牧 明花音さん

「愛顔(えがお)つなぐえひめ国体」の成年女子5000mW(競歩)に県代表で出場する

田牧 明花音さん

9月22日号

城樂(じょうらく) 七海さん

発足から10年連続で「鎌倉こどもミュージカル」に出演、今年卒業する

城樂(じょうらく) 七海さん

9月15日号

西野 大介さん

9日から18日まで開催される「紙で伝える展」を企画した

西野 大介さん

9月8日号

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年10月20日号

お問い合わせ

外部リンク