鎌倉版 掲載号:2017年10月13日号
  • googleplus
  • LINE

玄海男生誕100年〈第1回〉 「ジェントルマン・ゲン」との出会い

当時の新聞記事(左が玄さん)
当時の新聞記事(左が玄さん)

 戦前に海を渡り、その実力と華麗なファイトスタイルでハリウッドスターからも人気を得た伝説のボクサーがかつて鎌倉にいました。11月で生誕100年。その足跡を辿ります。

 「玄海男(げんうみお)」と聞いてピンとくる人は今どれほどいるだろうか。昔から鎌倉に住んでいる方は、今ほど賑やかでない小町通りや若宮大路で、どでかいグレートデンを連れて歩いていた姿を覚えているかもしれない。

 玄さんはボクサーだった。それも「黄禍論」渦巻く戦前のアメリカで活躍し、多くのボクシングファンの心をつかんだ稀有なボクサーだった。

 玄さんとの出会いは1949年、私がまだ中学生の頃に遡る。両親と鎌倉山の桜を見に行った帰り、ふと立ち寄った大仏の境内に人だかりができていた。周囲を取り囲む背の高いGI越しにぴょんぴょん飛び上がって見えたのは、駐留米軍が企画した玄さんとピストン堀口のエキシビションマッチだった。大昔のことなので試合内容は覚えていない。しかし2人の俊敏な動き、そして何より会場の熱狂した雰囲気は今でも鮮明に思い出すことができる。

 玄さんは当時、3階級同時制覇を成し遂げたヘンリー・アームストロングとの対戦相手にも名前が挙がり、アメリカでは「ジェントルマン・ゲン」の名で知らない人はいなかった。あの試合は、そんな玄さんが米軍将校にでも頼まれて実現したのだろう。

 時を経て私は38歳の時、扇ガ谷にあった玄さんのジムに偶然通うようになり、15年にわたって指導を受け、時には飲み歩くようになったのだった。 田川永吉
 

鎌倉版のコラム最新6件

二階堂永福寺と『とはずがたり』の作者二条

鎌倉と源氏物語〈第21回〉

二階堂永福寺と『とはずがたり』の作者二条

12月8日号

お酒にまつわるエトセトラ

鎌倉のとっておき〈第32回〉

お酒にまつわるエトセトラ

12月8日号

鎌倉にある湖とその歴史

鎌倉のとっておき〈第31回〉

鎌倉にある湖とその歴史

11月24日号

消えた玄さん石碑が残る

玄海男生誕100年〈第4回〉

消えた玄さん石碑が残る

11月17日号

鎌倉市〒の旅 vol.17

「健康食」ことはじめ

鎌倉のとっておき〈第30回〉

「健康食」ことはじめ

11月3日号

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

お問い合わせ

外部リンク