鎌倉版 掲載号:2017年10月13日号
  • googleplus
  • LINE

人気ちぎり絵作家が個展 15日から小町の画廊で

文化

立体感ある作風で評価を受ける
立体感ある作風で評価を受ける
 和紙ちぎり絵作家・和志(わし)秋峰(しゅうほう)(本名=木村元子)さんの個展「人生の『節目』展」が10月15日(日)から29日(日)まで、喫茶&ギャラリー鎌倉「tsuu」(小町2の23の6)で開催される。

 和志さんは三浦市在住。約15年前からちぎり絵を始め、紙の質感を生かした立体感のある作風で高い評価を得ている。今年も中国や韓国、ポーランドなど国内外で作品を展示しているが、鎌倉での個展は初めて。「多くの人に楽しんでもらえれば」と話している。

 展示時間は午前11時30分から午後5時(最終日は3時)。16日(月)と23日(月)は休廊。ワンオーダーが必要となる。期間中は和小物展やワークショップなども開催。詳細は【携帯電話】090・8771・6770へ。

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年12月15日号

お問い合わせ

外部リンク