鎌倉版 掲載号:2017年10月13日号
  • googleplus
  • LINE

歴史文化交流館に植樹

文化

かまくら桜の会

木の根元に土をかける参加者
木の根元に土をかける参加者

 桜の植樹や「鎌倉桜」の普及活動を行っているかまくら桜の会(高柳英麿会長)が10月5日、鎌倉歴史文化交流館の正面入口前に桜を2本植樹した。

 この日植えられたのは、材木座原産で足利尊氏により京都御所にも植えられたという「桐ヶ谷桜」。その歴史を多くの人に知ってもらおうと、同会が市に働きかけて実現した。

 植樹には、市内在住で洋画家の大津英敏さんや茶道家元の山田宗徧さんらが参加し、苗木の根に土をかぶせた。高柳会長は「立派に育って交流館の魅力の一つになれば」と話していた。
 

関連記事powered by weblio


鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年10月20日号

お問い合わせ

外部リンク