鎌倉版 掲載号:2017年11月3日号
  • googleplus
  • LINE

「コーヒーと歴史ロマン楽しんで」タリーズが店内に出土品展示

社会

瓦や器の破片(上)や側溝の護岸材などを展示
瓦や器の破片(上)や側溝の護岸材などを展示
 若宮大路沿いに10月5日オープンした「タリーズコーヒー鎌倉鶴岡八幡宮前店」が「他のタリーズとはちょっと違う」と話題となっている。

 米シアトル発のコーヒーチェーンとして有名な同店だが、店内は参道の石畳をイメージしたという床など、全体に和を取り入れたシックなデザイン。さらに奥に進むと、向かって右側の壁に、うつわや瓦の破片など、鎌倉時代の遺物が展示されているのが目に飛び込んでくる。

 実は店が建っている場所には源頼朝の妻・北条政子の異母弟で、鎌倉時代初期に幕府で要職を歴任した北条時房らが屋敷を構えていたと伝わる。

 現在のビルが新築される際に発掘調査が行われ、前述の遺物のほか、若宮大路に並行して設置されていた側溝の護岸を支える木材などが次々と発見された。

 また店舗の横には、やはり調査で見つかった江戸時代のものと思われる井戸を再現。鳥居も設けられ参詣することもできる。

 同社の知久和男さんは「もともと私たちは『コミュニティーカフェ』を標榜し、各地域で特性を生かしたお店づくりをしている。今回は鎌倉初出店ということで、この場所ならではの店舗にしたかった。コーヒーを楽しみながら、歴史に想いを馳せてもらえたら」と話す。今後はコーヒースクールなどのイベントも開催を検討中で「地域の皆さんにも気軽に足を運んでほしい」としている。

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「気軽に書道体験を」

「気軽に書道体験を」

市内二階堂で無料教室

12月13日~12月13日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク