鎌倉版 掲載号:2017年11月10日号
  • googleplus
  • LINE

ベルマーレのホームタウンに巡回教室など実施へ

スポーツ

右から松尾市長、中里さん、眞壁代表
右から松尾市長、中里さん、眞壁代表
 鎌倉市がこのほど、サッカーJリーグ湘南ベルマーレのホームタウンに加わった。11月1日には記者会見が行われ、市と同クラブの関係者は「サッカーだけでなく、スポーツ全般を盛り上げていきたい」と意気込んだ。

 Jリーグにおけるホームタウンは、興行権などの意味が強いプロ野球のフランチャイズとは異なり、「クラブが地域社会と一体となってサッカーやスポーツの普及・振興に取り組む町」を意味している。

 今季J2リーグを制し、J1昇格を決めた同クラブ。2000年に「ベルマーレ平塚」から「湘南ベルマーレ」に改称したのを機に、ホームタウンを平塚市1市から藤沢市など7市3町へと拡大しており、今回、鎌倉市のほか南足柄市などが加わったことで、合わせて9市11町となった。

 1日の会見には松尾崇市長のほかベルマーレから眞壁潔会長、スタッフで選手としても活躍した鎌倉市出身の中里宏司さん=人物風土記で紹介=が出席。眞壁会長は「私たちはサッカーだけでなく、ビーチバレーやトライアスロン、自転車のチームもある『総合型スポーツクラブ』。スポーツを通じて、鎌倉に貢献したい」と意気込みを語り、松尾市長は「これを機会により一層、関係を深めていく」と話した。

 同クラブは06年からサッカースクール鎌倉校を、今年4月には大船校を開設し子どもたちの指導にあたってきたほか、市サッカー協会と連携して指導者講習を行っている。

 今後は小学校での巡回教室や公式戦におけるボールボーイ募集のほか、市民であれば通常の半額程度で観戦できるホームタウンデーを年2回開催する。

 また市はホームページやツイッターなどで、チームの情報を発信するという。

鎌倉版のトップニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「気軽に書道体験を」

「気軽に書道体験を」

市内二階堂で無料教室

12月13日~12月13日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク