茅ヶ崎版 掲載号:2012年6月22日号

不育症

助成制度設立へ

市民らの活動受け、市が検討

「不育症そだってねっと茅ヶ崎」のメンバー(左から)田中恵子さん、相田水里さん、芦田操さん
「不育症そだってねっと茅ヶ崎」のメンバー(左から)田中恵子さん、相田水里さん、芦田操さん

 茅ヶ崎市議会定例会でこのほど、服部信明市長が「(不育症治療の)助成要件や医療機関との関係について協議調整を図り、できるだけ早い時期に実施できるよう努力する」と発言し、市として不育症治療の助成金制度設立の意向を示した。不育症の現状と、助成制度立ち上げへ向け活動してきた市民団体を取材した。

 「不育症」とは、妊娠はするが流産や死産を2回以上繰り返して生児を得られない状態。厚生労働省研究班の調査によると、妊娠女性の4・2%が不育症ともいわれ、全国で約140万人の患者がいるとみられている。原因は様々だが近年解明されつつあり、治療すれば80%以上が出産できるということも分かってきた。

 治療費や検査費用はほとんどが保険適用外のため多額となるが、多くの自治体に助成制度がないのが現状。そのため出産をあきらめる人も多いという。国に先駆けて独自の助成金制度を設けている自治体もあるが、その数は全国で約30自治体にとどまっている。

県内での声の高まり

 県内では、昨年大和市が県内初の助成制度を立ち上げ、今年に入り横須賀市、秦野市、綾瀬市でも制度化された。茅ヶ崎市では一昨年頃から市議会で質問が上がり始め、市民団体「不育症そだってねっと茅ヶ崎」らも市に働きかけてきた。その声の高まりを受け、助成金制度の立ち上げに向けて調査研究、準備を行う運びとなった。

 具体的な設立時期や助成内容は未定だが「できるだけ早い時期の成立を目指し、前向きに動いていく」と市子ども育成相談課、子育て支援課は話す。市では「不育症」の理解を深めるためのセミナーや医療関係者向けの研修会を開いているほか、今年4月には茅ヶ崎保健福祉事務所内に「神奈川県不妊・不育専門相談センター」が開設された。

勇気を持ち活動を

 「不育症」の周知と公的支援を呼びかける活動を行う市民団体「不育症そだってねっと茅ヶ崎」。市内在住の主婦ら4人によって構成され、2011年に発足。同会代表の相田水里さん(28)は、自身も不育症治療を行い、今年女児を出産した。相田さんは「助成成立の動きはとても嬉しい。辛い時もありましたが、勇気を持って声を上げて良かった」と話す。また「まずは多くの人に『不育症とは何か』を知ってもらいたい。また、ひとりで悩んでいる患者は相談窓口や自分たちに相談してほしい。ひとりで抱え込まずに、悩みを共有することがまず大切」と呼びかけている。
 

THANKS FAIR

いまだけ!お得な商品・限定商品が盛りだくさん!

http://www.lusca.co.jp

<PR>

茅ヶ崎版のトップニュース最新6件

空き家の活用を推進

松林チームが男女V7

第79回高南駅伝

松林チームが男女V7

1月20日号

57年ぶり40件下回る

2016年火災発生件数

57年ぶり40件下回る

1月13日号

ゲームで避難所運営体験

2,195人が門出

成人のつどい

2,195人が門出

1月6日号

鶴が台中 石井さんが最優秀

県地球環境保全ポスター

鶴が台中 石井さんが最優秀

1月6日号

関連記事(ベータ版)

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

温もり感じる彫金作品展

浜竹在住石橋聖肖さん

温もり感じる彫金作品展

大磯町で11月30日まで

11月3日~11月30日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク