茅ヶ崎版 掲載号:2013年12月20日号

新作絵本「クッキーひめ」を出版した

大井 淳子さん

(ペンネーム:おおい じゅんこ)松が丘在住 45歳

子供目線を大切に

 ○…「色々な人に助けられてここまで来ることができました。運が良かったんです」と謙虚に作家生活を振り返る。だが、運だけで15年以上も作家を続けられない。温かみのある絵と優しいストーリーで子どもたちの心をつかみ続け、12月5日に14作目となる新作「クッキーひめ」を出版した。何不自由なく暮らすクッキーの国のお姫様が自力で楽しさを見出していく内容に、「自発的に何かをなしえることの大切さが伝われば」と想いを込めた。

 ◯…浜須賀小・中学校、北陵高校を経て、東京藝術大学大学院でデザインを専攻。ステーショナリーメーカーでデザインを担当した後、絵本作家としてデビューした。以後、コンスタントに作品を発表し、約10年前に茅ヶ崎へ戻り居を構えた。創作に行き詰まりを感じると、茅ヶ崎市内を散歩するという。時に海岸まで、時に鉄砲道を闊歩するうちに、「どこかのどかなこの町を歩く中で、自然と頭が整理されアイデアが浮かぶことも少なくありません」。慣れ親しんだ茅ヶ崎の環境が、創作に好影響を与えている。

 ◯…家庭では中学生の一男一女の母でもある。「本当に普通のお母さんですよ」と話すが、「子育てを通して幼児の感覚を共有できました。それは絵本づくりにもプラスになりましたね」。絵本作家として心掛けていることは「子供目線」。普通のお母さんだからこそ、子供の細やかな感性をすくい取れるのかもしれない。

 ◯…歴代作品タイトルには「おにぎり」「かきごおり」「パン」など食べ物が目立つ。その理由を「食いしん坊だから」と笑うが、自身料理好き。また、子供の服を仕立てたり、ピアノや手話も学んだりと多趣味な顔を持つ。「長く続ける」が信条で、絵本もずっと描き続けるつもりだ。「子供が小さいころ、自分の本をあまり読み聞かせできなかったんです。だから、孫に読む日が楽しみ」と、冗談交じりに夢を語ってくれた。
 

ラスカ茅ヶ崎のハロウィン

「トリック オア トリート」でハロウィンお菓子プレゼント!

http://www.lusca.co.jp

<PR>

茅ヶ崎版の人物風土記最新6件

下村 さなみさん

ライフオーガナイザーとして「湘南ライフデザイン」の代表を務める

下村 さなみさん

1月20日号

岡村 信悟さん

(株)横浜DeNAベイスターズ代表取締役社長に就任した

岡村 信悟さん

1月13日号

貴田 力丸さん

2017年茅ヶ崎市成人のつどい実行委員長を務め、式典で代表の言葉を述べる

貴田 力丸さん

1月6日号

高橋 慶さん

茅ヶ崎青年会議所(JC)の2017年度第50代理事長に就任した

高橋 慶さん

1月1日号

星 千鶴さん

茅ヶ崎ランドセルプロジェクトの代表を務める

星 千鶴さん

12月16日号

斉藤 美由紀さん

かながわ子ども・子育て支援大賞 奨励賞を受賞した「mana」の代表を務める

斉藤 美由紀さん

12月9日号

関連記事(ベータ版)

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

繊細な切り絵の世界

繊細な切り絵の世界

個展「Presto」

10月1日~10月31日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月20日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク