茅ヶ崎版 掲載号:2017年1月6日号

生涯現役応援窓口

1年で利用500人 社会

就労や地域活動を紹介

本庁舎1階の相談窓口
本庁舎1階の相談窓口
 シニア世代の社会参加を促進するため茅ヶ崎市役所内に設置された「生涯現役相談窓口」が、昨年10月で開所1年を迎えた。

 窓口は週3日、稼働日数は147日。1年間で502人、1日平均3・5人が訪れた。

 年代別にみると60歳未満が25人、60代が276人、70代が179人、80歳以上が17人で、60代と70代の利用者で全体の9割を占めている。また男女別では男性が359人、女性が143人で利用者の7割が男性であることはが分かった。

 相談内容は就労やボランティアに関するものが大半を占め、シルバー人材センターなどへの入会のほか、介護施設やスーパーマーケットなどへの就労につながった事例も出ている。

 窓口を利用し地域ボランティアへの参加を果たした古谷章さん(高田在住・61)は「何かできることはないか」と窓口を訪れたという。「会社を定年退職し今後の人生をどう過ごすか考えていた。窓口ではいろいろな情報を得ることが出来て大変参考になった。いろいろな地域活動に参加したい」と意欲を見せた。市担当課は「定年退職や子育てが一段落し、第二の人生に迷っていたら是非利用して、新たな人生を見つけて欲しい」とさらなる利用を呼びかけている。

コンシェルジュが在籍

 同窓口は、シニア世代が住み慣れた地域で自分らしく住み続けるために、2015年に策定された「豊かな長寿社会に向けたまちづくり基本方針」に基づく事業。社会保障費の抑制のほか、地域産業や市民活動の人材確保などが期待され開設された。シルバー人材センターが市から事業を受託し、専門相談員「セカンドライフコンシェルジュ」が相談に対応している。

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6件

功労者・成績優秀者を表彰

世代超えた出会いを

アートで落書き防止

西久保地区

アートで落書き防止

3月17日号

古民家の建築と暮らし

小学生が書評合戦

「茅ヶ崎らしさ、残したい」

幸町在住岩本さんら

「茅ヶ崎らしさ、残したい」

3月17日号

平和堂の百人一趣

生前好きだったお花や、色合いの中に笑う故人の遺影

http://www.heiwadou.com

人気のパン屋さんや食材が大集合

3月24日(金)、25日(土)ラスカマルシェ

http://www.lusca.co.jp

<PR>

関連記事(ベータ版)

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年3月17日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/