茅ヶ崎版 掲載号:2017年4月21日号

旧和田家旧三橋家

景観重要建造物に指定 社会

里山の原風景を保全

大型民家の特徴を備える旧和田家
大型民家の特徴を備える旧和田家

 茅ヶ崎市は4月7日、市重要文化財に指定されている民俗資料館「旧和田家」「旧三橋家」(ともに市内堤)を国の景観法に基づき景観重要建造物に指定した。

 この指定は市景観計画に定められた方針に即したもので、市内初。県内ではこれまでに鴫立庵(大磯町)や旧川喜多邸別邸(鎌倉市)など5件、全国では442件が指定されている。

 旧和田家は江戸時代の村役人を務めた家柄で、当時の大型民家の特徴とされる6部屋の間取りや規模の大きさ、屋根の高さを備えていること、旧三橋家は馬小屋などが建物内にあるなど、幕末の農家らしさが残っている点がそれぞれ評価された。両建造物とも改造が少なく、建築の経過が分かる記録が残っていることも合わせて評価を受けた。

 今回の指定を受け、市は2021年度に同所への移転再整備計画を進めている「(仮称)茅ヶ崎市歴史文化交流館」や駒寄川と調和した景観形成を図る。また、今後両建造物の周辺で土地利用が行われる際には、建造物の景観が損なわれないよう指導を行う予定。市景観みどり課は「この地域の里山の原風景を守り、歴史文化を感じる場所にしていきたい」と話している。
 

農家らしさが残る旧三橋家
農家らしさが残る旧三橋家

関連記事powered by weblio


茅ヶ崎版のトップニュース最新6件

3人に県民功労者表彰

地元縁の話題作も

茅ヶ崎映画祭

地元縁の話題作も

6月23日号

市内高校2選手が関東へ

陸上競技

市内高校2選手が関東へ

6月16日号

「ちが咲き」創刊

茅ヶ崎市

「ちが咲き」創刊

6月16日号

介護予防を地域で

茅ヶ崎市

介護予防を地域で

6月9日号

茅ヶ崎を文化・芸能のまちに

平和堂の百人一趣

生前好きだったお花や、色合いの中に笑う故人の遺影

http://www.heiwadou.com

<PR>

関連記事(ベータ版)

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

絵本とおはなし会

絵本とおはなし会

7月18日(火)午後3時から

7月18日~7月18日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年6月23日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/