茅ヶ崎版 掲載号:2017年10月6日号
  • googleplus
  • LINE

JR茅ヶ崎運輸区

相模線こどもフェスタ 社会

650人の親子で賑わう

運転士体験をする参加者
運転士体験をする参加者
 「相模線こどもフェスタ2017」が9月16日、相模線の運転士や車掌が勤務するJR茅ヶ崎運輸区(元町)の敷地内で開催され、多くの家族連れで賑わった。同運輸区は今年の11月に発足20周年を迎える。

 日頃の感謝と地域貢献を目的に毎年開催されている同フェスタ。当日は約650人が参加して、運転士と車掌の業務体験や入換車両の乗車体験など、普段目にすることのできない鉄道業務の内側を体験し、制服を着ての記念撮影や電車内のプラレールで遊べるコーナーなどを親子で楽しんだ。

 人気の運転士体験では、実際に使用している車両の運転席についた児童が、運転士から計器の見方などを教わり、レバーを操作しながら「大きくなったら運転手になりたい」と目を輝かせていた。担当者は「雨にもかかわらず、リピータなど多くの方が来場して喜んでもらえた。これからも地域の方に電車に親しんでもらいたい」と話した。

関連記事powered by weblio


茅ヶ崎版のローカルニュース最新6件

茅ヶ崎版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「チガパン」初開催

「チガパン」初開催

10月22日 中央公園で

10月22日~10月22日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月13日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク