茅ヶ崎版 掲載号:2017年10月6日号
  • googleplus
  • LINE

第1回トークイベント 茅ヶ崎の文化 景観を育む会

御舟の画室を考える 文化

1931年頃の御舟画室
1931年頃の御舟画室

 茅ヶ崎の文化景観を育む会主催の第1回トークイベント「速水御舟と茅ヶ崎」が10月15日(日)、茅ヶ崎館(中海岸3の8の5)で開催される。時間は午後2時(1時30分開場)から4時までで、参加は無料。

 重要文化財「名樹散椿」「炎舞」で有名な日本画家、速水御舟が茅ヶ崎に縁があったことはあまり知られていないという。画室は東京都目黒区にあったが、次女の和子さんが美術評論家である吉田耕三氏と結婚して茅ヶ崎に移住したため1955(昭和30)年に移築された。

 今回のトークイベントは速水家の了解を得て実現し、当日は茅ヶ崎市美術館の小川稔館長と関東学院大学の水沼淑子教授を迎え、画室の保存などについて考えていく。

 申し込みは茅ヶ崎の文化景観を育む会【URL】http://chigasaki.shonan.ccか【FAX】0467・98・1630へ。
 

関連記事powered by weblio


茅ヶ崎版のローカルニュース最新6件

茅ヶ崎版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「チガパン」初開催

「チガパン」初開催

10月22日 中央公園で

10月22日~10月22日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月13日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク