茅ヶ崎版 掲載号:2017年10月13日号
  • googleplus
  • LINE

市制施行70周年記念事業市史刊行物『茅ヶ崎を彩った70人』の市史編集員長を務めた

小風(こかぜ) 秀雅(ひでまさ)さん

堤在住 66歳

「分からないから面白い」

 ○…「茅ヶ崎の歴史を主人公に、それを彩る人物のつながりを紹介。一味違った市史刊行物になったのではないかな」と控えめながらも自信を覗かせる。茅ヶ崎市市史編さん事業の立ち上げに際し、恩師の推薦で加入したのが23歳の時。以来43年にわたり、市史刊行物に携わってきた。現在は藤沢市など他地域の市史編さんにも関わるが「やはり一番思い入れがあるのは茅ヶ崎」とほほ笑む。

 ○…生まれは鎌倉市大船。小さい頃から子ども向けの歴史本や『太閤記』などの歴史小説に夢中で「いつのまにか研究者になってたよ」と顎ひげをひと撫で。現在はお茶の水女子大学の名誉教授として教壇に立つ。近代日本史を専門に選んだ理由は「一番分からなかったから」とにやり。歴史への思いは人一倍で「歴史は分からないから面白い。だから研究し続けられる。小さな発見の後ろに、面白いことがたくさん広がっているんだ」と熱く語る。

 ○…約20年前の結婚を機に茅ヶ崎へ移り住んだ。「茅ヶ崎には、何か人を引き付ける風土がある。住んで改めて実感したよ」。同じ研究者の道を進む息子は西洋史分野を選択。「やっぱり私とは違う畑に行きたかったんじゃないかな」と苦笑しつつも「今日の服は息子の見立て」とにっこり。近年は文化財保護関連の仕事を兼ねて各地を旅行するのが楽しみだという。「どこに行っても発見がある」と目をきらめかせる。

 ○…70周年誌で試みた、人の繋がりから地域を見つめ直す初の手法に確かな手ごたえを感じている。「調査は楽しかった。他の編集員の方たちもそれぞれに思い入れがあるんじゃないかな」と笑顔で振り返る。「茅ヶ崎らしさ、と一言で言おうとすると難しい。風土って見えないでしょ。でも、代々茅ヶ崎に住む人、たまたま茅ヶ崎に移った人、少し遊びに来た人、様々な人の繋がりの縁を辿ると”らしさ”が見えてくる気がするんだ」

関連記事powered by weblio


ラスカ茅ヶ崎のハロウィン

「トリック オア トリート」でハロウィンお菓子プレゼント!

http://www.lusca.co.jp

<PR>

茅ヶ崎版の人物風土記最新6件

津田 眞利(まさとし)さん

「特定非営利活動法人こども応援丸」の理事長を務める

津田 眞利(まさとし)さん

10月6日号

森田 雅己さん

創立30周年を迎えた異業種交流会「ハイテクメイト湘南」の8代目会長を務める

森田 雅己さん

9月29日号

佐藤 舞さん

茅ヶ崎市内唯一の樹木医で、県立茅ケ崎里山公園に勤務する

佐藤 舞さん

9月22日号

若林 弘泰さん

茅ヶ崎市出身で夏の甲子園でベスト4入りした東海大菅生高校野球部の監督を務める

若林 弘泰さん

9月15日号

久野 礼子(あやこ)さん

ボディビルの日本クラス別選手権大会の158cm以下級で優勝した

久野 礼子(あやこ)さん

9月8日号

佐藤 勝則さん

湘南の魅力発見プロジェクト「パッケージデザインワークショップ」で講師を務める

佐藤 勝則さん

9月1日号

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月13日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク